1/2成人式とは?児童たちへの指導案にはどんなものがある?

スポンサードリンク

1980年ころから、小学4年生への指導として

広がりを見せている1/2成人式

10歳というちょうど大人への道を

半分すすんだ子供たちに、

いままでの自分を振り返り

未来を考えてもらうのが狙いです。

周囲の大人も子供の成長を

実感する良い機会なので、

保護者の満足度もかなり高い

イベントになっています。

一方、1/2成人式に対しての批判も

かなり見受けられました。

親への感謝を強要している、

複雑な家庭環境をもった子供への配慮が

なされていないなどです。

ただ保護者が感動して満足するような、

大人のための行事にならないよう

注意しなければいけません。

子供たちに対して、

どのように指導していけばいいのでしょうか?

10もある指導案一覧!成長を感じ感動あるものにするには?

スポンサードリンク

1/2成人式にかかわる学習の

基本的な流れはどの指導案でも同じで、

  1. いままでの10年を振り返る
  2. 将来のことを調べる・考える
  3. 1/2成人式、成果発表(保護者参観)

 

の3構成にわけることができます。

ひとつずつ、どういった指導内容なのか

みていきましょう。

  1. いままでの10年を振り返る

「これまでの10年間を調べて

自分のよさや得意なことを発見したり、

再確認する」という段階です。

例えば、以下のようなことをしてみましょう。

・いままで経験した祝い事を発表する。その意味を考える。

大人になった時の祝い事と比較して、

子供のお祝いは多いですね。

昔は幼いうちに亡くなってしまう子が

多かったという話に触れて、

命の大切さについて考えてみましょう。

・小さい時の写真を用意して、同じポーズで写真を撮って比較する

 

1/2成人式の発表中に、

スライドで流すとより成長を実感できます。

保護者向けのコンテンツにもなります。

・保護者へのインタビュー

 

名前の由来や、衝撃的だった出来事、

成長を感じる事など、

子供にインタビューをしてもらいます。

事前にお知らせしておくことが望ましいです。

子供一人一人の家庭環境に配慮し、

インタビュー対象をあらかじめ相談して

決めておく方が良いですね。

1/2成人式では

一番センシティブで問題になりやすい部分なので、

指導内容はほかの先生とよく話し合って

決めることが望ましいです。

特殊な事情をもった家庭の場合、

子供や保護者の傷をえぐってしまう

危険性をはらんでいます。

過去だけでなく今の自分を

見つめてみてもいいかもしれません。

今の自分にできること、

できないことを考えることで

新たな発見があるかもしれません。

  1. 将来のことを調べる・考える

自分の将来への夢や希望、

職業や生き方などについて考え、

前向きに生きていこうとする

意欲をもつことが目的です。

これからどんな大人になりたいか、

10年後の自分やなりたい職業について

調べてみましょう。

また、明るい未来だけでなく

「こまったときはどうするか」も

合わせて考えてみましょう。

乗り越える力、納得した人生を

歩むイメージを持っておくことが大事です。

3.1/2成人式、成果発表(保護者参観)

どこの学校でも

事前学習の成果発表、校長先生の挨拶、

「2分の1成人証書」の授与、

合唱を行うようです。

式の進行自体を児童に任せるなど、

いろいろ進行方法が考えられます。

式典にふさわしい

立派な態度がとれるように、

事前指導でしっかり

フォローしてあげると良いですね。

サプライズで、前の担任から話を聞いたり、

昔の学校行事でかかわった人から

話を聞くのもよいでしょう。

よくあるのは

「親への感謝の手紙を渡す」

「親から子供へ手紙を渡す」

というイベントですが、

これには批判的な声がたくさん出ています。

子供の家庭環境に配慮をし、

実施は慎重に判断してください。

全国の教員が行っている

指導案を公開しているサイト

TOSS(Teachers’ Organization of Skill Sharing:教育技術の法則化運動)には、

1/2成人式に関する指導案が10個掲載されています。

全体の計画が載っているわけではありませんが、

このシーンではどのようにしたらよいかのヒントになります。

そのほかの指導案で

「これはわかりやすい」と思った

計画書がこちらです。

http://www.edu-c.pref.miyagi.jp/longres/H17_A/pdf/shinro/handbook-es-sougou.pdf

将来の夢に重点を置いた指導案で、

具体的にこれからの将来を

学習する機会が得られます。

過去の振り返りは、

「自分新聞」の作成という形で行います。

自分の成長を友達同士で

確かめ合えるような内容となっており、

家庭環境に触れなくてもできるところがオススメです。

将来の夢を言葉にすることも大切!

「日本ドリームプロジェクト」では、

「夢の本」を作る指導案が紹介されています。

日本ドリームプロジェクトはゆめを育てる場所をつくっています。

こうした形に残るものを用意して、

また10年後の成人式で

振り返るのも良いでしょう。

夢はどんなに大きくてもタダです!

夢をもつことで、

明るく楽しい未来を描けます。

そして、身近な家族や友だちで

夢を伝え合うことで、

相手の知らない一面を見ることができます。

自分の未来にいろんな可能性を見つけられるのは、

とても素晴らしいことですね!

こうして将来を言葉にすることで

将来設計能力の育成を行い、

「自立」について考える機会を設けましょう。

こちら↓のサイトに、

1/2成人式を自立の一歩として考えている

先生の話が載っていますので、参考にしてください。

卒業式と2分の1成人式 .卒業式や2分の1成人式は好きですか?たいへん大事な行事であるととらえている教員は多いと思います。感動的な式を期待している保護者も少なくないでしょう。特に卒業式は、最近、歳をとって涙もろくなったのか、立派な成長の姿を見せられると「子供って、いいもんだなあ」と思います。.一方では、「気恥ずかし...

まとめ

1/2成人式は、

子供にとって自分の成長を見つめなおす

いい機会になります。

ですが複雑な家庭環境を

持った子がいることに配慮をしてください。

式典自体を行うべきかについて、

再度一度検討してみるのも

必要かもしれませんね。

ある学校では、

児童の保護者が1人でも参加できない場合は

1/2成人式を取りやめるようにしていました。

それぞれの家庭環境に

これくらいの配慮が必要です。

大半の家庭にとっては

感動的な式典になるだけに、

一度実施してしまうと

なかなか変更することも難しくなります。

大切なのはいかに感動できるかではなく、

子供たちがどんなことを学べて、

その結果どう成長するのか、

狙いを明確にすることです。

親も子供も満足できるような

学習ができるとよいですね!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする