はじめての簡易書留!出し方は?切手は家にあるものでもいい?

スポンサードリンク

何か書類を発送するなど

必要でないと使用しないのが簡易書留

みなさんは簡易書留の発送を

したことはありますか?

会社員の方、特に事務のお仕事

されている方は、書類の発送で

使用したことはあると思いますが、

それ以外だとなかなか経験しないですよね。

学生や主婦など、

そのほかにも経験したことがない方の方が

多いのではないでしょうか。

私自身も、社会人になり

事務作業をするようになってから

簡易書留の書類発送の仕方を知りました。

それまでは、

簡易書留という言葉も知らなかったですし、

切手を貼って

ポストに投函することしか知りませんでした。

なので、「簡易書留で発送しといて。」と

新入社員時に言われたときは、

頭にハテナが浮かび

一から先輩に教えてもらった記憶があります。

普段の生活で、

簡易書留で発送することなんて、

数少ないのではないでしょうか。

なかなかないものではあると思いますが、

もし簡易書留で発送しなければ

いけないことが起きたとき、

何もかもわからないと

困ってしまいますよね?

今回は、そんな簡易書留の出し方

切手についてわかりやすく

お伝えしたいと思います。

まだやったことのない方も、

これからそういう機会が

くるかも知れません。

もしものときのために、

しっかり準備しておきましょう!

大きさや重さによっても違う?簡易書留の切手のあれこれ

スポンサードリンク

まず書類発送時に考えるのが、

大きさ重さ

はたして貼ってある切手

あっているのか。

そして、

ちゃんと発送することができるのか。

ハガキや手紙など、

簡単なものでしたら52円切手

もしくは82円切手を貼れば

送れますが、

大きいものだったり重さがあるものだと

切手はいくら分貼ればいいのか

わからないですよね。

まず簡易書留の料金設定ですが、

「通常の料金」+

「簡易書留料金(310円)」です。

それとは別に、

速達日付指定などは

プラスで料金が発生します。

また、発送するものの重さや大きさで

料金が変わってくるので、

郵便局の窓口で聞くのがベストです。

簡単に料金がわかるので、便利ですよ。

簡易書留の支払い方法ですが、

代金を支払っても

切手で料金を支払っても

どちらでも大丈夫です。

切手を貼って出しても

問題はないですが、

もし貼っている切手の金額よりも

実際少なかった場合、

払い戻しはされないので

ピッタリで発送したい場合は、

代金を支払う方がいいでしょう。

書類を簡易書留で送る際、

金額なども全くわからないという場合は

封筒に住所と宛名を書いたものを、

郵便局の窓口に持っていけば

その場で料金を出してくれるので

スムーズに発送できるかと思います。

自分で調べるのも

重さなどがある場合難しいですよね?

窓口に任せてしまうのも

ひとつの手段としていいでしょう。

わからないことは聞くのが1番ですね。

通常の切手だと枚数が多くなる!窓口にお願いした方が早い?

先ほどもお伝えしましたが、

大きさや重さによっても

料金が変わってきます。

切手が1、2枚でおさまるのなら、

そのまま貼ってもいいですが

大きさや重さがあって、

何枚も貼らなければいけない場合

封筒が切手まみれになってしまいますよね?

また、受け取られる方も

切手の多さに驚く可能性もあります。

もし、

切手を何枚も貼らなければいけない場合、

郵便局の窓口に

切手別納でお願いします。」と言えば、

その分の料金を支払い

あとは窓口で処理してくれます。

すごく便利ですよね。

やはり何か発送する場合、

当然字の美しさもみられますが、

切手も目に入りますよね?

いくら字が綺麗であっても、

たくさん切手が貼ってあっては

びっくりしますし、

マナーに厳しい方であれば、顔を

しかめてしまう場合もあります。

せっかくの書類、

受け取られる方にも気持ちよく

受け取っていただきたいですよね?

そのためにも、

何枚も貼らなければいけない場合は、

貼らず窓口に持って行った方が

1番スムーズでベストだと思います。

住所と宛名が記載されていて、

簡易書留でと言えば

窓口の方も対応してくださると思いますので、

そのまま持っていきましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか。

私自身、

切手を貼る際何枚も貼って大丈夫なのか?と

不安に思い、

先輩に確認したことがあります。

その時は3枚だったので、

そのまま貼って出しましたが、

何枚も貼らなければいけない場合には、

マナーとしてどうなのだろうと

考えちゃいますよね。

わからないことがあれば、

とりあえず窓口に持っていけば

優しく教えてくださりますし、

むしろそっちの方が

時間もかからず

スムーズに発送ができるでしょう。

是非、みなさんも

簡易書留で送らなければいけないことが

起きたとき、

本日の記事を思い出していただけたら

嬉しいです。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする