御霊前の金額の書き方にマナーはある?知っておくべき書き方

スポンサードリンク

若い方だったり

久しぶりに御霊前のマナーについて困る方も

多いですよね。

そして急なものだったりするので

慌てちゃったり・・・。

ですが普段から知っておけば

損はありません!

困ることも慌てることもないので

知っておきましょう。

ということで御霊前について

色々と参考などを書いていこうと思います。

宗教によって金額の書き方にマナーはある?知っておくべき書き方

スポンサードリンク

まず宗教によって書き方が違ったりするので

そのあたりを説明していきたいと思います。

一般的にはどの宗教・宗派でも

表書き不況儀袋の水引の上

送り主の氏名水引の下

薄墨の筆ペンで記載します。

水引は蝶結びのものではなく、

結び切り」、「淡路結び

のものにします。

《仏式の香典》

仏式の香典の場合は

無地ののし袋に白黒の水引

かかっているもの、

または蓮の花の絵が書かれたのし袋に、

御霊前」「御香典」「御香料」と

表書きをします。

「御霊前」が使えるのは四十九日まで

なので気をつけましょう。

それ以後の法事の場合は

御佛前」「御仏前」と書きます。

浄土真宗だけは「御霊前」を使わず、

葬儀の時には「御佛前」「御仏前」と

使います。

《神式の香典》

神式の香典では無地ののし袋に

白黒あるいは双銀の水引

かかっているものを選び、

表向きは「御神前」「御玉串料」「御榊料

と書きます。

《キリスト教式の香典》

キリスト教式の香典では、

百合の花十字架が描かれたのし袋、

無地の白い封筒を選び「御花料

と表書きします。

キリスト教ではお香を備えるという概念が

ないため御香典ではなく、

弔意金」という名前で

呼ばれているそうです。

宗教によって

様々なマナーがあるのですね。

知っておいて損はない事ばかりです。

仏式の場合の金額は

個人や夫婦で1万円以上

友人や家族や隣人の場合は

3000〜5000円

神式の場合は「玉串料」「御神前

キリスト教式は「御花料

が一般的になっているので

これも是非参考になると思います。

御霊前は薄墨で名前と金額をかく!知らないと恥を書くマナー!

最近はマナーを考えず

御霊前に書いちゃう人も

ちらほらいるみたいです。

恥ずかしい事なので

是非参考にして見てください。

書き方については

前途に書いた通りなので

参考にしてくださいね。

香典を包む紙幣は、

用意していたような印象を与える

新札はタブーとされていましたが、

最近はこだわらない方も多いみたいです。

それでも気になる人がいるので

新札に軽く折り目を入れて

包むのがいい方法だと思います。

中身には住所氏名楷書で書いて

金額漢数字で書くのが

正式になっています。

上包みの裏側は「悲しみを流す」意味で

下向きの折り返しを外側に重ねましょう。

上記で書いたものですが、

一般的にはどの宗教・宗派でも

表書きは不況儀袋の水引の上

送り主の氏名水引の下

薄墨の筆ペンで記載します。

とても重要な事なので

これは絶対に守りましょう

基本中のマナーなので

必ず覚えておきましょう。

御霊前、お香典について、最後に。

関連記事 

御霊前、いくら包むか お札の入れ方など 色々マナーがありますよね。 当たり前ですが急な出来事ですから、 つい...
地域によってだったりで 御霊前の相場が違う、 なんてこともあって なんとなく困りますよね。 どこまで払うべき...

どうだったでしょうか?

宗教は違ってもルールはあります。

ルールというよりマナーですが、

マナーを守ることはとても大事なことです。

亡くなった方を見送ることですから、

そこで恥ずかしいことをしてしまっては

大人としてダメですよね。

薄墨で書く

というのは一番大事なことなので

覚えておきましょう。

あとは宗教によって

金額だったりその他諸々

違うところがあるので、

そこは軽く頭に入れておきましょう。

普段から知識があれば

急に困ることはありません。

最後になりますが、

亡くなった方には

最初で最後の晴れ舞台でもあります。

周りは悲しいかもしれませんが、

亡くなった方はみんなが来てくれたなあと

喜んでいるはずです。

そのためにもきちんとしたマナーを守り、

快く見送ってあげましょう。

以上、御霊前、御香典に関してでした。

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする