御霊前の金額の相場は?知っておくと役に立つ相場一覧

スポンサードリンク

地域によってだったりで

御霊前の相場が違う、

なんてこともあって

なんとなく困りますよね。

どこまで払うべきなのか、

どういう繋がりなのか

色々考えて包まなければなりません。

ということで、

ある程度の相場やマナーについて

紹介していきたいと思います。

金額が多すぎても失礼?亡くなられた方によっても違う相場

スポンサードリンク

実は御霊前は金額が多くても

失礼になってしまいます。

マナー違反といったところでしょうか。

その理由について説明します。

御霊前の相場は、

粗相しないためのものであって

余計な人との衝突を生まないために

あります。

包んで渡した後に

他の人が御霊前をいくら包んだか詮索して

自分よりも包んだ金額が、高い、安いで

喧嘩してしまうのを避けるためです。

それは故人の冥福と遺族の平安を

乱してしまうので、

相場を決めることがマナーとなります。

それでは実際の御霊前の相場について。

《親・兄弟・親戚の場合》

親、兄弟の場合は少なくても3万円

多くて10万円

《祖父母の場合》

5千円から3万円の範囲。

《会社の同僚・上司・引き取り先の場合》

5千円から1万円

《近所の方・友人の場合》

5千円から1万円

だいたいこのような相場です。

やはり多すぎるのはよくない

というのがマナーになるので

覚えておいたほうがいいでしょう。

付き合いの深さによって相場が違う?知っておくべき相場金額

上記にかいた相場は

ある程度のマナーのものです。

付き合いの深さによっても

少しずつ相場が変わるので

是非知っておいてください。

そして年齢によっても変わるので

自分の年齢に合わせて

参考にしてください。

《親、両親(父母)》

20代:3万円10万円

30代:5万円10万円

40代:10万円

《兄弟、姉妹》

20代:3万円5万円

30代:5万円

40代:5万円

※義両親、義兄弟・姉妹も同じ

《叔父、叔母》

20代:1万円

30代:1万円2万円

40代:1万円3万円

《その他親戚、いとこ》

20代:3千円1万円

30代:3千円2万円

40代:3千円3万円

《会社の上司》

 

・本人の場合

20代:5千円

30代:5千円1万円

40代:1万円

・その家族の場合

20代:3千円5千円

30代:3千円1万円

40代:5千円1万円

《会社の同僚、部下》

・本人の場合、上司と同じ相場になります。

 

・その家族の場合

20代:3千円5千円

30代:3千円1万円

40代:3千円1万円

《友人や知人》

20代:5千円

30代:5千円1万円

40代:5千円1万円

※その親の場合は3千円〜が相場となります。

《近所の方》

20代:3千円5千円

30代:3千円1万円

40代:3千円1万円

※恩師の方なども同じ相場になります。

《仲人》

20代:1万円

30代:1万円

40代:1万円

細かく書くとこうなります。

友人や恩師の場合は

友人同士で話し合いをして

キリのいい金額にすることもいいでしょう。

大事な御霊前のマナー

頭に入れておきましょう。

急に慌ててしまい失礼があった場合

嫌な思いをするのは

自分だけではないですからね。

御霊前の金額の相場について、最後に。

関連記事 

若い方だったり 久しぶりに御霊前のマナーについて困る方も 多いですよね。 そして急なものだったりするので 慌...
御霊前、いくら包むか お札の入れ方など 色々マナーがありますよね。 当たり前ですが急な出来事ですから、 つい...

上記では

金額の相場マナーについて書きましたが

他にもちょっとしたマナーがあります。

偶数は避ける、

4と9を避けるというのが基本です。

偶数は割り切れる数字なので

縁起がよくないものとされています。

4、9については見てわかるように

数字からして縁起がよくありません。

そしてお金も新札を入れるのは、

亡くなるのを待っていた

という意味になってしまいます。

なので新札はNGとされています。

そして上記にも書いたので

わかると思うのですが、

自分の年齢が高いほど多く包むのが

一般的なマナーなので

頭に入れておきましょう。

マナーを守ることは

当たり前のことなので、

恥ずかしい思いをしないよう、

故人や遺族に失礼にならないよう

マナーを守りましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする