話題の生姜シロップの作り方とは?簡単にできるのか教えて!

スポンサードリンク

最近よく聞く、生姜シロップ

とくに妊婦や冷え症に悩む方は、

体を温めてくれる生姜を取ることを

すすめられますよね。

ハチミツのように保存して、

お水やお湯で割って飲んだり、

料理につかうこともできる、

便利なものです。

「作ってみたい!」と、

レシピを探している方に、

簡単な生姜シロップの作り方を紹介します。

クックパッドにはこんなにたくさん生姜シロップのレシピが!作り方は様々!

スポンサードリンク

早速、

クックパッドでレシピを探してみると、

なんと!

現時点で既にレシピの数は572品

ありました!

多すぎますね・・・

結局どれを手本にすればいいのか悩みます。

そこで、5つピックアップしたので、

ご紹介します。

①「手作りジンジャーエール☆

しょうがシロップ」

旬の新ショウガで作る、手作りジンジャーエールの美味しさは格別!残りは焼き菓子に使えるし、体にもお肌にもいい万能シロップ♪

新生姜・グラニュー糖・水・レモン汁・

はちみつが必要な材料です。

新生姜は6〜8月頃

スーパーに出回り始めると思うので、

是非ゲットして挑戦してみてください。

②「自家製ジンジャーシロップ」

自家製のジンジャーシロップを作りました。これさえあれば、ジンジャエールがいつでも好きな時に飲めます!

生姜・三温糖・はちみつ・水を

使ったレシピです。

三温糖は、強い甘みとコクが特徴で、

煮物などによく使われているので、

生姜を煮るにはピッタリですね。

③「新生姜で作る

濃厚ジンジャーシロップ♪」

新生姜を使うと美しいピンク色に♪ 体にとっても優しい、コクのあるジンジャーシロップです。 話題入り感謝♪

新生姜・砂糖・レモン汁を使ったレシピ、

砂糖を使うことで、

新生姜のピンクの発色

きれいに出るようです。

④「はちみつ生姜シロップ」

長持ちする便利なハチミツ (はちみつは、1歳を過ぎてから)

おそらくいちばん簡単なのでは?

と思うレシピです。

材料は生姜とはちみつだけ。

保存瓶に入れて、そのまままるごと

鍋で煮るだけというものです。

豪快ですが、ほんとにシンプルです。

⑤「塩入り☆はちみつ生姜シロップ♪」

暑い夏にピッタリの塩入りハニージンジャーシロップ♡ 塩分補給も手軽に出来るスグレモノ☆

生姜とはちみつが60gに対して、

塩は小さじ1杯となっているので、

食塩なら約5gです。

生姜とはちみつを200g使うなら、

食塩は約16gなので、

大さじ1杯より少し多めくらいでしょうか。

ほんとに夏の塩分補給に良さそうですね。

夏にも冬にも重宝する生姜シロップ!簡単レシピで自分だけの生姜シロップを作ろう!

生姜シロップを手づくりすれば、

合成着色料や添加物などが入らず、

糖分の取り過ぎもおさえられますね。

体にとってもやさしい生姜シロップ、

料理に使って余ってしまったときにも

使えるので、作ってみてください。

それでは、作るときのポイント

おさらいしましょう!

◎生姜シロップを作る時のポイント

主な材料は生姜・水・砂糖・レモン汁です。

新生姜の時期は6月から8月なので、

覚えておいてください!

生姜100gに対して水100ccが目安。

生姜100gに対して砂糖もしくは

グラニュー糖は100gから200g。

三温糖を使う場合は100g+はちみつ100g。

新生姜を使う場合は

砂糖かグラニュー糖の方が

きれいな発色になります。

自分の好みのバランスがあると思うので、

何度か作って調整してみてください。

◎保存の仕方

 

・直射日光にあてないよう、涼しい場所に置いておいてください。

・長い時間、空気にふれていると酸化しやすいので、ふたをきちんと閉めましょう。

・使う時は、乾いたきれいなスプーンを使いましょう。

 

・容器に指を入れたり、余ったシロップを戻したりしないようにしましょう。

・冷蔵庫で1週間ほど保存することができます。

 

生姜シロップは手作りなので

鮮度がすぐに落ちてしまいます。

上記を参考に保存方法

気をつけてみてください。

まとめ

そろそろ新生姜が手に入る時期なので、

一度試しに作って、

好みの甘さを知っておきたいですね。

「せっかくならかわいいピンク色にしたい!」

と思いました。

色がきれいに出るのは

砂糖かグラニュー糖なので、

私は砂糖を入れます。

あと、はちみつを少し入れてみたいです。

冷え性なので、

なるべく体をあたためるようにと、

生姜湯は飲んだことがありますが、

シロップなら、炭酸水で割ったり、

ヨーグルトにかけたり、

といろいろ使い道がありそうですね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする