そもそも終活カウンセラーって何?どんな資格なの?

スポンサードリンク

最近、にわかに注目されてきた「終活」

これは、「就職活動」の「就活」に

もじられた作られた造語だそうです。

耳にはしますが、

人生のエンディングについていろいろ考えて

準備する活動です。

生まれて生きている限り、

長い短いはあれど、

必ず、誰もが通る道なんですよね。

本当は、誰もが当たり前に準備しないと

いけないころなのかもしれません。がぁ…

死んでしまったら、自分では、

何もできなから、残された人達が

困らないように準備して逝くことは、

ある意味で、残された人への

最後の贈り物なのかもしれません。

誰も明日はわからないけど

スポンサードリンク

考えてみれば、たとえば、

余命を宣告された人でも、健康な人でも、

『死』はある意味突然訪れるものです。

何の準備もなく『死』が訪れた場合、

残された家族が故人の身の回りの全てを

整理することになります。

私も舅に突然亡くなられて、

あたふたしました。

故人の身の回りの整理。

姑は高齢で動けないし、

主人は仕事が優先で、結局私が、

大半を片付ける羽目になりましたが、

結構大変でした。

主人や姑があまり、

細かいことにこだわらない人だったので、

私の立ち回るそれなりの整理で、

何も言わずに、今に至っていますが、

こだわる人だったら、きっと、わだかまりが

残ってしまっていたかもしれませんね。

かといって、元気な家族からいきなり、

自分が死んだ後は...』と切り出されても、

切り出された家族の方も、縁起でもない。

と困惑してしまいますよね。

 

どこで資格習得ができるの?

ネット検索かけてみました。

通信講座のユーキャンをはじめ、

いろんなところで、

『終活』コンサルタントの

認定取得は可能なようです。

それだけ、最近は、終活の関心が

高まってきているのかもしれませんね。

こちらでは5000円程で

『終活ガイド認定』が拾得できるようです。

こちらの、『終活ガイド認定』は

終活を自ら始めようとされている方や、

そうった相談を受ける立場にある、

保険会社、医療、介護、葬儀社などの

関係者などが、終活に関する基礎的な知識を

得るために最適な受講資格といえそうです。

金額も、5000円とお手頃ですよね。

本格的に終活にかかわりたい

という事であれば、こちらの方は少々、

受講料のお値段も張ってきますが、

一般社団法人終活カウンセラー協会』にて

インストラクターの資格を

習得するのもいいでしょう。

終活カウンセラーは、終活に関する抽象的な「悩み」の中身が、どの分野の悩みであるのか、またどのような専門家が必要であるのかを見極めます。「どうしよう」と思っている方から話しを聴き、その相談はどこどこの専門家に聴く案件ですと専門家や専門企業に繋ぐ架け橋の資格です。

こちらの協会では、

『初級 終活カウンセラー』

『上級 終活カウンセラー』

『終活カウンセラー 上級インストラクター』

と経験と知識に応じて

スキルアップしていく事も可能です。

まとめ

長寿大国日本。しかしながら、

どのくらいの人が、認知症にもならず、

寝たきりにもならずに元気な状態で

人生の終焉を迎える事ができるのでしょう。

最近、特に問題になってきている

認知症を発症したら?

自分の意思をきちんと伝えておかなくて

大丈夫ですか?

重い病気にかかり余命宣告を受けた後、

お葬式やお墓の事を冷静に考えられますか?

少子化の時代、もし、

自分に身寄りがない場合であっても、

遠い親戚とか普段は付き合いの無い

縁者に葬式代お墓の費用負担させますか?

これは、終活を進めるサイトに

書かれている扉書き…

終活なんて、

私も正直考えたこともなかったです。

本屋さんにならんだ、ちょっと洒落た

デザインのエンディングノート

終活は、若い人よりも、やはり、

ある程度歳を重ねたら、避けてはならない

『現実』として目を背けてはならない事

なのかもしれませんね。

人は生まれてきた以上、どこかで

終焉を迎える。

特別な財産があるわけでもなく、

平凡な毎日を生きているけど、別に大業を

成し遂げてきたわけじゃないけど…

ささやかな人生の終焉。

最後の演出のための『台本』

残すための作業として

終活を楽しめたら素敵かもしれない。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする