古い蛍光灯が溜まってお困りの方へ!廃棄費用はいくら?

スポンサードリンク

古い蛍光灯が溜まってしまったけど

廃棄の費用はどれくらいかかるのかな・・?

と考える人、たくさんいらっしゃると

思います。

確かにしょっちゅうでるゴミでも

ありませんし、少し溜まってから捨てようと

考えますよね。

その場合どれくらい廃棄費用がかかるのか、

業者によってどれくらい費用が違うのか?

大きさや形の仕分けは必要なのか?

色々気になると思います。

ということで蛍光灯の廃棄について

色々と考えてる貴方へ!

色々と紹介していきたいと思います。

形によっても業者によっても違う費用!比較して任せられる業者へ!

スポンサードリンク

蛍光灯の分別は?費用は?

と気になりますよね!

ということで大体の分別や費用について

書いていきたいと思います。

《蛍光灯の分別》

 

・直管型

・丸型

・電球型

・コンパクト型

この4つに分けておくのが基本なので

分けておきましょう。

そして気をつける点は、蛍光灯を

粉砕してしまわないように

きちんとしておきましょう。

《産業廃棄物(蛍光灯)

・特別管理産業廃棄物収集運搬料金》

・蛍光灯処分費 1Kg 160円〜

・収集運搬料金(少量、定期回収)

1Kg 160円〜

・収集運搬料金表(大量回収)

1台 30,000円〜

・積込作業費(大量回収

1式 5,000円〜

・補助作業人員費(大量回収)

1名 5,000円〜

この5点が大体の値段の

基準となっています。

そして回収エリアによっても料金が

変わっていくので自分の住んでいる

ところから、業者に問い合わせすると

料金も詳しくわかると思います。

今の時代でしたら、インターネットで

蛍光灯のリサイクル業者で検索すると

たくさん出てきます。

ですので自分にあったところに

問い合わせし、相談して決めると

良いでしょう。

そして料金を安くしたいのであれば

自分の住んでるところから近いところ

安くなると思います。

どこも同じくらいの値段ですが、

気になる方は是非自分にあったところを

探してみてください。

蛍光灯の大きさと形は仕分けした方がいい?費用精算に時間をかけたくない

特に蛍光灯の仕分けは必要はありません。

よっぽどの量があれば上記に書いた分別を

するくらいで十分でしょう。

それだけでも費用精算に時間をかけずに

済むと思います。

ですが少量でしたら

特に金額は変わらないので、マナー程度

分別しておくのがいいでしょう。

そしてリサイクルに出さずに、

ゴミの日に出すこともできる地域もあるので

そういった方は自分の住んでる地区の

分別表を見るとわかりやすく書いてあるので

参考にしてみてください。

ですが出来れば、リサイクルに回す方が

安全だと思うので、是非リサイクルを

積極的に行いましょう。

資源が再利用できるのであれば

良いことですし、環境問題も起きずに

済みますからね。

蛍光灯の色々な処理について、最後に。

蛍光灯の処分、たまにしか出ないことを

考えると悩みますよね。

ですが自己判断で捨ててしまうと

危険もあるので処理する際は

よく考えて処理しなければなりません。

蛍光灯には水銀が入ってますから、

水銀がどれだけ危険なのかは学校などで

教えてもらったと思います。

普通にゴミ処理してしまうと、

埋め立てられてしまいそこから環境問題に

発展してしまう場合もありますし、

そういったことを考えると

リサイクルをするのが一番安全な方法だと

思います。

リサイクルをして誰か損をしたり

悲しい思いはしないので、

リサイクルできるのであれば

是非リサイクルに積極的に取り組むのが

環境や周りや自分のためになるでしょう。

今はインターネットですぐに検索できる時代

ですから、問い合わせも簡単にできます。

自分に合った業者を選び、

蛍光灯はリサイクルをしましょう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする