実は危険な一晩おいたカレー!ウェルシュ菌を抑える食中毒対策

スポンサードリンク

こんにちは!

オトナもコドモも、男性も女性も。

甘党でも辛党でも

好きな食べ物ってなーんだ?

正解はカレーです!

そんな問題を出せるくらい、

嫌いって話をほぼ聞かないカレー。

手軽にたくさん作れて、おいしくて。

ルーを使えばほぼ失敗しませんので、

一人暮らしの方も、

はじめて料理するお子様も作れます。

材料や調味料にこだわったり、

ルーを使わないで、

本格的な味に挑戦もできますよね。

料理好きな方も、

みんなが作りやすいのが

カレーではないでしょうか?

そんなカレー、

作りたてももちろんいいのですが、

一晩おくと味が落ち着いて、

とてもおいしいんですよね。

でも、間違った保存法をすると、

お腹が痛くなってしまいますよ。

一晩おいたカレーに発生!ウェルシュ菌とは?

スポンサードリンク






ウェルシュ菌とは、

食中毒を起こす菌です。

自然界にたくさん存在するこの菌。

酸素が嫌いな菌なので、

たくさん存在したって

問題にはなりません。

「寝ていてウェルシュ菌に感染!」

とかはまずないので、

そこは安心してくださいね。

ですがカレーとなると、

酸素がほぼ含まれませんよね。

酸素がないって、

ウェルシュ菌が大好きな

環境なんです。

ですから、そこに居つき、増えます。

それに気づかないで人間が食べますと、

食中毒を起こします。

腹痛や下痢が主な症状です。

お腹の調子が悪かった、

と気にしない方も多いかもしれません。

でも、立派な食中毒ですよ。

しかも症状は、半日以上続くことも。

ウェルシュ菌が発生する原因は?

ウェルシュ菌が発生しやすいのは、

煮込み料理です。

お肉、魚介、お野菜・・・

そう、ビーフカレーも

ポークカレーもチキンカレーも。

シーフードカレーも、

シチューやポトフだって

危険なんです。

「夏は菌が繁殖しやすいものなの。」

「菌が発生したって

小まめに熱してたら大丈夫!」

とは母のいいぶんですが、

それでもダメ。

だって、この菌は熱に強いので、

意味がないんです。

また、別に季節は関係ありません

常温放置されると増えやすいので、

常温放置しても冷え冷えになる環境であれば、

冬場は比較的マシかもしれませんが・・・

「ええ、じゃあカレーは

もう食べないほうがいいの?」

いいえ、そんなことはありません。

ちゃんと対策法があります。

ウェルシュ菌の増殖を抑えるマル秘対策法!

まず、人間の手から

食品に菌がうつることを抑えましょう。

料理を始める前、食材を触る前など、

小まめに手を洗浄したり、

清潔に保つといいです。

次に、出来れば調理してすぐ食べること。

ウェルシュ菌は37~47度で増えやすいので、

その温度になる前に食べてしまえば大丈夫。

その温度になっても、

多少ならば問題ありません。

とはいえ、

翌日のカレーも食べたいですよね。

小分けにすると冷めやすいので、

そうして、冷蔵庫か冷凍庫で

素早く冷やすといいです。

あら熱をとってから冷やすのが

鉄則と私は教わりましたが、

ことカレーにおいては別みたいです。

先ほどもいいましたが、

37~47度で菌は繁殖します。

50度ぐらいから

増えることができるので、

まだ、熱いぐらいで

冷やしてしまったほうがいいです。

冷蔵庫では

菌が徐々に繁殖しますから、

なるべく早く食べてくださいね。

保存したものをいざ食べるときは、

しっかりかき混ぜて酸素を送りながら、

75度以上になるまで加熱してくださいね。

だいたいの菌は

熱を加えるといなくなります。

そしてウェルシュ菌は

酸素が嫌いですので、

なべ底まで空気を送るように

混ぜてください。

まとめ

いかがでしょうか?

カレーを作り置きするのが

どんなに危険なのかいっても、

やっぱり多めに作って

保存したいですよね。

耐熱性に優れ、冷凍もできる

タッパーなどでもいいのですが、

よく製氷皿って売っていますよね。

あれにカレーを入れて冷凍させると、

温めるときに便利なのかなと思います。

冷凍がいいとはいっても、

冷凍焼けはしてしまうので、

なるべく早めに食べてくださいね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする