ランドセルを寄付し、海外に無料で輸送してくれるって本当!?

スポンサードリンク

小学校の6年間は本当にあっという間で、

まだ使える状態でご家庭に眠っている

ランドセルをお持ちの方も

いらっしゃるのではないでしょうか(o^^o)?

今回は

ランドセルの寄付」について、

どんな場所へ寄付をしたら

海外途上国へ輸送してくれるのか、

また気になる輸送費用について

分かり易くまとめてみました(*^^*)

この機会に海外途上国への寄付を

お考えの方の参考になれば幸いです♪

海外にランドセルを寄付してくれる場所とは?

スポンサードリンク

まず、海外へランドセルを寄付している

活動団体をピックアップしました★

・公益財団法人 ジョイセフ(JOICFP)

こちらの団体では

想い出のランドセルギフト

という取り組みを行なっています^ ^

ジョイセフでランドセルを贈る方法は、

①寄付するランドセルを準備する。

(その際、新品の鉛筆やノート、消しゴム

などを一緒に贈ることが出来ます♪)

②海外へ輸送する費用の振り込みをする。

(なんだか莫大な費用が掛かりそうですが、

そんなことはないのでご安心ください^^)

*後ほどご案内します♪

③指定先の倉庫へ郵送する。

(宅配便の他に、郵便でも郵送が

可能です♪)

・国際社会支援推進会 ワールドギフト

こちらの団体は、ランドセルの他にも通常、

リサイクル料金の掛かってしまう

パソコン類やブラウン管テレビ、

冷蔵庫や洗濯機なども

集荷対象となっています(゚o゚;;

ワールドギフトでランドセルを贈る方法は、

①ホームページのメールフォームを

使って集荷依頼をする。

 

②返信メールには注意事項や

確認メールが届くので、内容に沿って

返信後、荷造りをする。

 

③ご希望した日時に宅配業者が来る。

ランドセルの寄付を無料で行う方法は?気になる輸送費とは?

では実際に上記2つの団体で、

寄付する側負担する費用を

まとめてみました!

■公益財団法人

ジョイセフ(JOICFP)の場合…

ランドセル1つにつき、1,800円を

  • クレジットカード
  • コンビニ
  • 銀行振り込み
  • 郵便振り込み

のいずれかの方法で振り込む。

もしくは、書き損じハガキ

52円の物)を46枚

ジョイセフの指定する送り先へ郵送する。

という2パターンから選べます。

さらに詳しくホームページを

ご覧になりたい方はこちらから★

思い出のランドセルギフトは、日本で役目を終えたランドセルをアフガニスタンに寄贈し、子どもたち、特に教育の機会に恵まれない女の子の就学に役立てる国際支援活動です。

■国際社会支援推進会

ワールドギフトの場合…

120サイズ(縦×横×奥行きの

3辺の合計が120cmまで、

重さは30キロまで)→¥2,400

140サイズ(縦×横×奥行きの

3辺の合計が140cmまで、

重さは30キロまで)→¥2,900

170サイズ(縦×横×奥行きの

3辺の合計が170cmまで、

重さは30キロまで)→¥3,400

さらに詳しくホームページを

ご覧になりたい方はこちらから★

★ポイント★

公益財団法人

ジョイセフ(JOICFP)への寄付の場合、

ランドセル1つにつき、1,800円

振り込みをした費用が海外輸送費となり、

これとはまた別に荷物を倉庫まで送る

宅配便や郵便での送料が必要となります。

一方で、国際社会支援推進会

ワールドギフトの場合、

宅配業者が集荷に来た際に支払う費用の中に

荷物の送料海外輸送費

保育所や学校などへ送る際の送料

荷下ろしや仕分けなどを行う人の人件費など

すべての費用が含まれています。

まとめ

寄付を募っている団体は

いくつかありますが、

負担する費用ゼロ

という宅配便を利用した寄付方法

なかなかない様です。

また、ランドセルの寄付を募っている期間が

限られた期間での回収、という

活動の団体もありますので、

是非気になる団体がありましたら

公式ホームページをご覧頂き、

必要に応じて問い合わせフォームから

担当者の方へ直接

問い合わせてみて下さいね(*^^*)

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする