本当にランドセルを寄付出来る!?お得に無料で出来る方法とは?

スポンサードリンク

小学校に上がる年にじいじや、ばあばから

買ってもらったピカピカのランドセル

月日はあっという間に流れ、

あんな小さかった我が子も成人し、

一人立ち…(´-`).。oO

使わなくなったランドセルを見ると、

あの頃の思い出が昨日の事のように

感じますよね(*´―`*)

近所にはもうランドセルを必要とする

お子さんも居ないし、

親戚の子どもたちもみんな大きい。

でもせっかく取っておいたランドセル、

誰か使ってくれないかしら?

とお思いのお母さん★

この機会に「寄付」してみませんか^ ^?

今回は気になるランドセルを寄付する方法を

ご紹介していきますね♪

ランドセルの寄付方法は?

スポンサードリンク

まず、ランドセルを寄付出来る団体は

いくつかあります。

・ワールドギフト

「ワールドギフト」といって、

国際社会支援推進会が運営している

サービスがあります。

こちらは、ランドセルだけでなく、要らなくなった

■古着

■人形

■食器

■玩具

なども寄付を募っている団体です^ ^

ランドセルの寄付については、

再利用を目的としているため

穴の開いた物や、

肩ベルトの破損など

使用出来る状態でない物は

寄付することは出来ません。

ランドセルと一緒に食器や文房具なども

詰めてOKという事なので、

ご家庭で寄付出来そうな物があったら一緒に

送ってあげたいですね(^_^*)

リサイクル料金などは掛かりませんが、

海外途上国への物資支援になりますので、

段ボールに物資を詰めて送る際に

送料が掛かります。

送料の中には、途上国に物資を送る際の

船賃荷下ろし、仕分けなど運営に掛かる

費用込みの価格となっていますので、

普段利用する宅配便の送料とは異なります。

詳細をご覧になりたい方は

ワールドギフトのホームページを

ご覧下さい(o^^o)↓

・ジョイセフ

こちらも有名な団体です^^

公益財団法人が運営しており、

webページもごちゃごちゃした表記がなく、

大変読みやすいです♪

こちらの団体でのランドセル寄付方法は

海外輸送経費としてランドセル1つにつき、

  1. 1,800円を振り込むか
  2. 書き損じハガキ(52円のもの)46枚

ジョイセフへ送ることによって、

寄付が可能です。

あとはホームページに記載されている

送り先住所へランドセルを送付します。

★ジョイセフでは、ランドセルと一緒に

未使用品のみですが

鉛筆・ノート・消しゴム・鉛筆削りなどを

ランドセルの中に

同梱して送ることが出来ます^ ^

受け取った人は何だか

プレゼントを貰ったような気持ちになって

きっと嬉しく思いますよね♪

ジョイセフの詳細は

こちらからご覧頂けます^ ^↓

思い出のランドセルギフトは、日本で役目を終えたランドセルをアフガニスタンに寄贈し、子どもたち、特に教育の機会に恵まれない女の子の就学に役立てる国際支援活動です。

寄付を無料で行う方法は?

海外の途上国に輸送し、人の為になるなら

せっかくだからと他にもご家庭に

眠っている物を一緒に寄付出来たら

良いですよね(*^^*)

しかし、寄付したいけれど

送料の負担も気になる…。

という方も、もちろん

いらっしゃいますよね(>人<;)

筆者も実際に以前、海外途上国への

物資支援を検討していた事がありましたが、

何も知らずに送り先を探していたら

ナニナニ…

送料が…タ、タカイ…

と思ってしまったことがありました。

(ヒー、スミマセン(~_~;))

筆者の他にも

「なるべくなら送料が掛からない方が

良いなァ…」

とお考えの方がいらっしゃることを信じてw

無料で寄付を行えるところがないか

調べてみました♪

結果は…

ありました(*´―`*) ヨカッター

・ブランディア

こちらは株式会社デファクトスタンダード

という会社が運営しています。

ブランド品買取業者さんですね(*^^*)

ご不要になったブランド品と一緒に

ランドセル同梱することで

寄付することが出来ます。

*ランドセルのみの送付は出来ないので、

ご注意下さい(;o;)

こちらの会社では、回収したランドセルを

ジョイセフへ寄付してくれるのですが、

その際の輸送料金1,800円は

ブランディアが負担してくれるそうです♪

現在で第8弾まで開催されているのですが、

開催期間というものが決まっていて、

2017年5月現在では、

ランドセルの受け付けは終了

しているそうです…( ; ; )

また近いうち、開催されることを祈ります♪

ブランディアのホームページは

こちらからご確認いただけます(^ ^)↓

不要になったランドセルをお送りください。ランドセル寄付の際に通常かかる国内送料・海外輸送料金1800円をブランディアが負担します。

・リサイクルショップへ持って行く

こちらの手段では「寄付」というより、

買取り」になってしまいますが

送料が掛からず、次に使う方の為になる…。

という点では

こちらの方法も十分アリですよね(*^^*)

筆者は

リサイクルショップで働いた経験があり、

これまでの経験上のお話しを

させていただきますと、

いくら中古だからといって

そのまま物置きから出した状態で

お店に持ち込むのではなく、

少しでもホコリを拭いたり、

状態の良いまま保管されてあった方が

やはり良い値が付きやすいです★

まとめ

ざっとご紹介していきましたが、

海外への物資支援という方法での寄付は、

輸送費の負担が掛かるのは

致し方ないのかなぁと思います^^;

あとは次にまた誰かに使ってもらえる。

という点ではリサイクルショップ

持ち込むという方法もアリですね♪

いずれにせよ、ランドセルは

元々丈夫に作られていますので、

これからも永く愛用してもらえる方の

手に届くと良いですね(o^^o)

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする