スキー板にワックスを塗るのは無駄?スピードが落ちるって本当?

スポンサードリンク

今回の内容はスキー板について

スポットを当ててみました。

そもそもスキー板にワックスを

塗るということを、今回はじめて

知りましたが、このワックス

なんのために塗られているのかは

ご存知ですか?

スキー板のワックスの目的としては、

ふたつあるんです。

ひとつめはスキー板の素材

傷めないようにするため、

もうひとつはいつまでも滑れるように

するためです。

大まかに言うと

スキー板を長持ちさせるために塗る

というイメージですね。

ただこのワックス、塗ると

スピードが落ちてしまうという説も

あるんです。

なので今回はスキー板のワックスについて

実際のところはどうなのかというところに

注目してまとめさせていただきました。

是非、今後の参考にしてみてくださいね!

ワックスを塗るとかえって土が付きやすくなりスピードも落ちる

スポンサードリンク

上記でもお伝えしましたが、

スキー板にワックスを塗る理由として

素材を傷めないためにワックスを

塗っていきます。

ワックスを塗ることで

スキー板を長持ちさせる効果があるので

大切になっていきます。

ただワックスを塗ると

スピードが落ちると感じる方も

いるそうですが、実際はそこまで

ワックスを塗ったからといって

スピードは変わらないそうです。

そもそもスキーが滑る原理として、

摩擦を起こし雪を溶かして滑るという

原理になっています。

なので、ワックスを塗ることにより

雪を溶かしやすくすることが大切なのです。

しかし、ワックスが中途半端だったり

ワックスがとれかけていたり、

ワックスを塗っていないと

雪をなかなか溶かすことができないので

結果的に滑るスピードも落ちる原因に

繋がってきますし、土も付きやすくなる原因

にも繋がります。

また、ワックスの種類によっても

すぐとれてしまう場合もあるので、

ワックスの種類にも気をつけてあげると

いいかと思います。

スキー板にワックスを塗ったからといって、

スピードが落ちやすくなる原因に繋がる

ことはなく、ワックスの塗り方などが

大切ということですね。

スピード力やスキー板を

長持ちさせるためにも、

ワックスを塗ることをおすすめします。

私自身、スキー板にワックスを塗ることを

今回はじめて知りましたが、やはり

大切な道具だからこそ大事に長く

使えるようにしっかり手入れをして

あげることが大切なんだなぁと感じました。

どんなものでも手入れをしているか

していないかで道具の持ちは

変わってきます。

ワックスを塗った・塗っていないで

スピードもそこまで違わないので、

道具のためにもしっかりワックスを塗って

手入れをちゃんとしておきましょう。

ハードワックスよりソフトワックスの方がいい?

上記でも少しお伝えしましたが、

スキー板のワックスには種類があります。

その日の気候や湿度・温度によっても

雪の状態も違ってきますし、その都度

ワックスを使い分けてあげることが

大切になってきます。

大まかに言うと、ハードワックスと

ソフトワックスがありますが、ひとつずつ

簡単にみていきたいと思います。

まずはハードワックスですが、

スキーをされている方はハードワックスを

使用している方が多いと思います。

ハードワックスを使うタイミングとしては、

雪を溶かして滑るときに溶かしてできる

水の膜が薄い場合に使用してあげると

いいかと思います。

一方でソフトワックス

その逆で、水の膜が厚い場合に

使用してあげるといいでしょう。

スキーを長くやられている方は水の膜に

関してもどういう状態かわかると思うので、

使い分けをしながらでいいと思いますが、

スキー初心者の方やあんまりやらない方

ソフトワックスを使うといいかと思います。

なので、まずはソフトワックスを使用して

スキーを楽しんでみてください。

まとめ

以上がスキー板ワックスについて

になりますが、どうでしたでしょうか。

今回はじめてスキー板ワックスの存在を

知りましたが、ワックスの意味から

種類についてみてきて、

やはりどの道具もしっかり手入れを

することが大切なんだなぁと実感しました。

手入れをしなければ道具は

どんどんだめになってしまいます。

道具だってきっと長く使って欲しいと

思っているはずです。

なので、スピードも

そこまで変わらないですし、

スピードにこだわるからこそ

ワックスをしっかり塗って

道具を傷めないようにしましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする