鍋の焦げの落とし方!ステンレス鍋にはこれで傷つけずに落とせます!

スポンサードリンク

ステンレスのお鍋で

カレーやシチューを作った後、

お鍋に焦げがついていることはありませんか?

どんなに気を付けて混ぜていたとしても、

底の方にちょっと

黒いものができてしまっているものです…。

そんなとき、あなたはどうしてますか?

気になるお鍋の効果的な

焦げ落とし方法をご紹介します!

なかなか落ちない鍋の焦げをごっそりきれいにする方法!ステンレス編

スポンサードリンク

まず、軽い焦げ付きなら

ナイロン製のたわしでこするだけで

コゲを落とすことができます。

ナイロンたわしでやさしく

コゲの部分をこすってみてください。

根気よくこすってあげると、結構落ちます。

私はステンレスの鍋を使って

料理すると必ずと言っていいほど

底をちょっと焦がすので、

大体この方法で焦げを落としています。

ちょっと落ちにくい場合は

鍋を洗剤液に浸け置きして、

焦げを少し浮かせてからやってみると

良いでしょう。

ほかにも簡単な方法で

焦げを浮かすことができるので、

試してみてください。

・水で煮込んで浮かす方法

焦げ部分が浸るように鍋に水を入れ、

10分ほど煮込みます。

そのまま一晩放置してください。

・玉ねぎの皮を使って浮かす方法

焦げ部分が浸るように鍋に水を入れ、

その中に玉ねぎの皮

(外側の茶色い部分)

を入れて弱火で

30分ほど煮込みます。

そのまま1時間ほど

放置してください。

なお玉ねぎの皮は

5~6個分ほど用意してください。

こうして浮いた焦げを

ナイロンたわしでこすると、

すっごく落ちて気持ちがいいですよ!

ちなみに玉ねぎの皮以外にも、

柑橘系の果物の皮を使うと

同様の効果を得ることができます。

皮に含まれている成分が焦げに

うまく作用して、

汚れを落としやすくしてくれます。

しかしこうした軽い焦げ付きだけでなく、

ちょっと放置して煮込むつもりが

すっかり忘れて大惨事に、

なんてことがたまにあると思います。

鍋底が一面、真っ黒焦げ…という時には、

次の方法を試してみましょう。

・重曹を使って落とす

鍋のコゲが浸かるくらいの

水を入れて、

そこに重曹を入れます。

コップ1杯の水に対して。

重曹が大さじ1の割合です。

そのまま10分ほど弱火にかけ、

沸騰させてください。

その後火を止めたら

半日くらい放置しましょう。

水を捨てて、

スポンジやナイロンたわしで

こすって焦げを落としてください。

・酢を使って落とす

重曹の場合とほぼ同様です。

鍋のコゲが浸かるくらいの水を入れて、

そこに酢を入れます。

酢はかなり多めに、

水と同じ量ぐらい入れてください。

そのまま10分ほど弱火にかけ、

沸騰させてください。

こちらの場合は、

沸騰後すぐにスポンジや

ナイロンたわしでこすって

焦げを落としてOKです。

この方法を使うと、

鍋底が虹色に変色してしまう

タイプの汚れにも効果があります。

反面、かなりニオイがキツイので

換気扇をしっかり動かした状態で

実施してください。

・塩素系漂白剤を使って落とす

鍋のコゲが浸かるくらいの深さまで、

塩素系漂白剤を入れます。

そのまま1時間くらい放置します。

その後、割り箸やヘラなどを使って、

コゲを擦って落とします。

塩素系の漂白剤は

ステンレスそのものを

傷める可能性があるので、

1時間以上の放置は絶対に

しないようにしてください。

番外編として、

すごく気長なコゲ落とし方法を紹介します。

その方法はなんと、天日干し。

ベランダなどに、

鍋の焦げが陽の当るように置いて干します。

そのまま1週間ほど放置し、

焦げを徹底的に乾燥させましょう。

すると焦げ部分がポロポロと

粉のようになって落ちていくんです!

そのままヘラや割りばしなどで

焦げを落としてください。

ちょっと残ってしまった部分は

重曹などを使って落とせば完璧です。

うまく落ちないなぁという人は

1日天日干しをした後に一回鍋に水を張り、

焦げを湿らせてから

もう1日天日干しをしてみてください。

この方法を使えば確実に効きますよ!

鍋の焦げ落としはこれで決まり!ステンレスの外側編

お鍋を使っていると、

内側だけでなく外側も

焦がすことがありますよね。

こうしたコゲも内側と同様の方法で

はがすことができるのですが、

煮込むなどの方法がなかなか取れないため

落とすのに苦労することがあります。

そんな外側についた焦げの落とし方も

合わせてみてみましょう。

・ビニール袋に入れてつけおき

内側の焦げ落としの方法を行うために、

鍋をまるごとゴミ袋など

大きな袋の中に入れて

つけおき洗いをする方法です。

シンクにタオルなどを詰めて、

水が流れないような状態にして

実行しても良いでしょう。

かなり大量の水を

使うことになりますが、

内側の焦げを落とす方法と

同じものが使えます。

効果は確実です。

・小麦粉を使う方法

小麦粉を固めに水に溶き、

焦げた部分に塗り付けます。

そのまま乾かし、

十分に固まったら割り箸やヘラなどを

使って、

擦って落としてください。

・クエン酸を使う方法

クエン酸を水に溶かし、

焦げ部分に塗ってしばらく放置します。

その後、割り箸やヘラなどを使って、

擦って落としてください。

クエン酸水の濃度は

コップ1杯の水に対して、

クエン酸小さじ1杯の分量です。

焦げがかなりひどい場合は、

2~3倍の濃度で作ったものを

使うとより効果が出ます。

・いろいろなものを使ってこすって落とす方法

焦げを浮かさなくても、

時間をかけてこするだけでも

焦げは結構落ちるものです。

固すぎるものはステンレスに

傷をつけて劣化させてしまうので、

固すぎないものでこするように

しましょう。

例えば、メラミンスポンジや

ペットボトルのフタなどが

オススメです。

そのほか、専用の焦げ落としグッズを

使うのも効果的です。

例えば、以下のようなアイテムです。

いくら柔らかい素材を使っても、

力いっぱいこすると

やはり傷がついてしまうので

気を付けてください。

サビとり消しゴム

ソフト99 サビとり消しゴム
by カエレバ

焦げ落とし110番

火山灰(シラス)を使った 汚れ・焦げ落とし110番
by カエレバ

焦げ落ちくん

コゲ落ちくん
by カエレバ

まとめ

やはりできるだけ

お鍋を焦がさないようにしたいところですが、

かなり気を使っても

お鍋に焦げができてしまいますよね。

そんなときは重曹やお酢、

時には天日干しを使って

できるだけ楽に落としてしまいましょう!

鍋を傷つけては本末転倒なので、

できるだけやさしく、

根気よく繰り返して落とすことが大事です。

ちなみに内側の「いつも同じ部分だけ焦げる!

という場合は危険信号。

ゴシゴシ洗ってしまい、

キズがついている可能性があります。

あまりにも焦げ付きがひどい場合は、

買い替えも視野に入れるべきかもしれません。

大切に使えば長持ちするのがステンレス。

いつまでもピカピカでキレイな

お鍋を使えるといいですね!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする