窓掃除にクイックルワイパーを使いたい!実際にどこまで届く?

スポンサードリンク

今回スポットをあてたのは

窓掃除についてです。

部屋の掃除の中で厄介な場所として

お風呂場やキッチン周りに続いて

上位にあがるのが窓掃除ですよね。

小さな窓なら手が届くのでまだ

掃除がしやすいですが、大きい窓になると

なかなか届かないですし、

ついつい後回しになる場所です。

そんな厄介な窓掃除の救世主として

クイックルワイパーを使いたいと思う方も

多いはずです。

クイックルワイパーなら長さもあるし

届くのなら掃除も楽になるので、

使えるなら使いたいですよね。

今回はそんな厄介な窓掃除に

クイックルワイパーを使えるのかどうかを

まとめてみました。

是非参考にしていただいて、

明日からの窓掃除を楽にしちゃいましょう!

完全に伸ばせば今まで届かなかった場所にも届く!これで掃除も楽に

スポンサードリンク

クイックルワイパーと言えば、

基本的に床掃除に使用するイメージの方が

強いと思います。

ある程度長さもあるので腰を屈めず

拭き掃除ができるし、届かないところまで

このクイックルワイパーなら

綺麗にすることができるので、日頃の掃除で

使っている方も多いかと思います。

そんなクイックルワイパーが

窓にも使えたらすごく便利ですよね?

クイックルワイパーの長さは

最大で110cmです。

110cmというと小学校あがったくらいの年齢の

子どもくらいです。

なので、大人が使うとなると

余裕で窓掃除もできる長さです。

窓の1番上の角なんかは

特に届きにくい場所でもあるので、

クイックルワイパーが大活躍ですよね。

さらにクイックルワイパーなら

長方形でヘッド部分も回転するので、

普通に台に乗って自分で掃除するよりも

かなり時短で、そして綺麗

掃除することができます。

これなら、普段億劫になりがちな窓掃除

どんどんしたくなりますよね。

私自身、窓掃除は本当に厄介だなぁと

思っていて引っ越した年の大晦日は

まだ綺麗だからとついつい窓掃除を

後回しにしてしまいました。

でも、クイックルワイパーなら

簡単に掃除ができそうですし、

床掃除のついでにできそうなので

窓掃除も前よりはかどりそうな気がします。

これからは、自分の手で窓掃除を

するのではなく、クイックルワイパー

掃除をしていきましょう。

シートは窓専用のものを使おう!窓枠掃除も忘れずに!

厄介な窓掃除には

クイックルワイパーを使うと

かなりの時短に繋がり、

窓掃除が楽になることはわかりましたが、

クイックルワイパーに窓掃除用のシート

あるのかどうかが重要になってきます。

安心してください、窓掃除用のシートは

ちゃんと販売されています。

薬局以外でも100均でも売っているので

非常に便利です。

床と違ってガラスなので

専用のシートでないと綺麗に拭くことが

できず、拭いたあとが残って

逆に拭いたら汚くなってしまった

ということにも繋がりかねないので、

ちゃんと窓掃除用のシートで

拭いてあげてください。

また、網戸専用のシートもあるので

窓掃除のついでに

一緒に掃除しちゃいましょう。

網戸の掃除こそ、網戸を取って

水でゴシゴシ流したりして

掃除しなければいけないので、

網戸専用のシートを使うと

非常に便利になるでしょう。

あとは、窓掃除や網戸掃除が終わったあとに

窓枠掃除も忘れずに行いましょう。

せっかく窓と網戸が綺麗になったのに

窓枠が汚いと嫌ですよね。

窓枠は結構汚れがたまりますし、

目立ちます。

ついつい後回しになりやすい場所でも

あるので、窓掃除とついでに

セットで掃除を行うといいかと思います。

窓掃除や網戸掃除は

専用のシートで掃除をして、

窓枠掃除も忘れずに行って

常にピカピカにしておきましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか。

窓の掃除は高さもありますし

掃除するには面倒な場所ですよね。

特に女性の場合だと

脚立や椅子に乗らないと届かないので

掃除の準備だけでも億劫になりますよね。

そんな厄介な窓掃除が

クイックルワイパーなら簡単に

そして楽に掃除できるので

かなりの時短になり、とても便利です。

主婦は掃除以外にも

たくさんやることがあります。

なので、窓掃除ばかりに時間を割くことは

できないので、クイックルワイパーで

ささっと掃除できたら本当に楽ですよね。

私もこれからクイックルワイパーを

重宝しそうです。

是非、窓掃除にはクイックルワイパーを

使って掃除を楽に行っていきましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする