年賀状の宛名は手書きでは失礼?印刷にした方が無難?

スポンサードリンク

年末になると、年賀状作成に追われる方も

たくさんいらっしゃることでしょう。

会社勤めの方は

上司へも年賀状を作成しますよね。

そこで気になるのが字の上手さ

汚い字で宛名を書いたら失礼かな…

印刷にした方がいいのでは…

そんな考えをお持ちの方!

大丈夫です!

字に自信がなくても、

宛名書きは手書きがおすすめなんです。

その理由をご紹介します。

相手には手書きの方が気持ちが伝わる!たとえ字が下手でも大丈夫!

スポンサードリンク

印刷にしてしまえば、

簡単で字も間違いなく美しくなります。

しかし、手間をかけて

手書きにすることにより、

相手への気持ちが伝わって

丁寧な印象も与えることができるのです。

そのため、さらっと印刷で

済ませてしまうより、手書きで

宛名を書くことがおすすめなんですよ。

こう考えてみれば分かりやすいと思います。

例えば、あなたのお家に来た

ダイレクトメール。

機械印刷で誰にでも同じ内容を

大量生産して送ってきたようなものなら、

たいして内容も見ずに

捨ててしまいませんか?

その中にひとつ、手書き

自分だけにあてたメッセージを

書いてくれていた企業があれば

興味を持ちませんか?

それが行ったことのある店舗からなら、

「自分を覚えてくれていたんだ」

「また行こう」という気になりませんか?

その違いを考えれば年賀状も同じですよね。

上司ともなればたくさんの部下から

年賀状をもらうことでしょう。

多くの部下が印刷で済ませている中で

手書きの宛名が目に留まれば、

あなたの印象だけが大きく残る

ということです。

年賀状の宛名書きは

万年筆や毛筆で書かれることが多いですが、

必ずしもそうしなくてはいけないことは

ありません。

普段書き慣れていない筆記用具をつかうのは

ハードルが高いですよね。

宛名書きはボールペンでも大丈夫

その場合油性は避け、

水性のボールペンを選びましょう。

宛名書きを手書きするうえで

守りたいことはこちら。

  • 色は黒を基本とするが、青でも可。
  • 間違えたら修正ペンなどは使わず、
    新しいはがきに書き直す。
  • 旧字体はきちんと調べて正しく書く。
  • 楷書体で書く。
  • 敬称を間違えない。
  • 株式会社や有限会社は略さない。
  • 鉛筆は大人が書くには失礼になるので
    使わない。

これらを守り、宛名を書いてくださいね。

字に自信がなくても丁寧に書いたことが

伝われば大丈夫です!

宛名書きにはコツがある!?美しく書くならポイントを押さえるべし

手書きがおすすめといっても、

やっぱり不安な方もいらっしゃいますよね。

そこでうまく書くコツもお教えします。

大切なのは以下のポイント。

文字の配分、住所・宛名のバランスを考える

全体の文字の配置をきちんと考えておくと

見栄えがよくなります。

相手の名前を大きく書く

基本的なことですが、自分の名前や住所は

小さめに書き、相手の名前を

大きく書きます。

相手の住所はそれよりやや小さいくらいで

書きましょう。

ひらがなと漢字の大きさを変える

ひらがなを小さめ、漢字をそれより

大きめに書くとバランスがよくなります。

文字のトメ、ハライも気を抜かず

最後までしっかりと文字を書くことにより、

引き締まった印象になります。

左側から書く

横に向かって文字を書くとき、

書いた文字が手についてこすれてしまう

ことってありますよね。

それを避けるために右利きの方なら左側、

つまり自分の名前から順に書き始めます。

左利きの方なら相手の住所からですね。

これらのポイントを意識することにより、

宛名を美しく書くことができます。

本番の前に、はがきと同じ大きさの

紙などで練習してみてくださいね。

まとめ

ここ最近は年賀状も印刷で

すべて済ませてしまうことが

多くなっています。

その中で温かみのある

手書きの文字で送られてきたら、

きっと印象に残ることでしょう。

機械的な文字はどうしても

冷たい印象を与えてしまいがちです。

字に自信がないからといって

印刷で済ませてしまうのは

もったいないのでは。

もちろん時間のない方や、

大量に年賀状を作る予定があり、

手書きでは追い付かない方も

いると思います。

印刷で済ませた年賀状

悪いわけではないので、

無理して手書きする必要はありませんよ。

文字を書くポイントは

やはり全体のバランスを整えることですね。

まっすぐ整列して書かれた文字は

見ていて気持ちがいいです。

ボールペンで本書きする前に、

ものさしや鉛筆を使い、

文字の区画を区切ってあげて、

その中に文字を書くようにすれば、

きれいに並んだバランスのいい

宛名書きが行えます。

ただし、最後に鉛筆の跡を消すとき、

ボールペンがこすれないように注意が必要。

普段から文字を書くときに意識して、

手書きにも慣れておきたいですね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする