今年で年賀状を辞退したい!文例で高齢者向きのものはある?

スポンサードリンク

年賀状を毎年欠かさず送っている

という方はたくさんいらっしゃいますよね。

しかし、高齢のためそろそろ年賀状

送るのを終わりにしたい。

そう考える方も

中にはいらっしゃるでしょう。

なかなか言い出すのが難しい

この状況ですが、どう辞退すれば

お互い気持ちよく済むのでしょうか。

今回は、高齢が理由の

年賀状辞退を伝えるために、

おすすめの文例を紹介します。

関係を断つのではなくあくまで年賀状を辞退するだけ!文例を参考に

スポンサードリンク

年賀状を辞退するからといって、

関係までも断ってしまうわけでは

ないですよね。

相手に勘違いされないためにも

辞退する理由がきちんと

伝わるようにしましょう。

書くべきポイントは以下の通り。

高齢のため、すべての人に年賀状を辞退するということをしっかり伝える

何かあったのだろうかと

心配されないためにも、

きちんと理由を伝えておきましょう。

これを明記しなければ、

送られてきた相手は自分に対してだけ

辞退するのだろうか…

と不安に感じる場合もあります。

例:高齢のため筆を握ることが

難しくなりました。

今後はどなた様にも賀状交換を

控えさせていただきたく存じます。

例:私も高齢になり、

手足の衰えを感じるようになりました。

誠に勝手ながら、今年を持ちまして

新年のご挨拶状を

最後とさせていただきます。

年賀状を辞退しても、関係を断つわけでないと伝える

年賀状を辞退するだけだということを

しっかりわかるようにしましょう。

例:今後とも変わらぬお付き合いを

お願い申し上げます。

例:今後も変わらぬお付き合いを

頂ければ幸いです。

これを踏まえて文例を作ると…

“あけましておめでとうございます

昨年は何かとお世話になりまして、

大変ありがとうございました。

毎年頂いていた年始のご挨拶について

私も高齢になり年賀状を書くことが

難しくなってまいりました。

本年をもちまして、年始のご挨拶を

ご遠慮させていただきます。

今後はお電話やメールなどで、

変わらぬお付き合いを

させていただければ幸いでございます。”

“新年おめでとうございます

○○様におかれましてはお健やかに

新春をお迎えのことと存じます

さて、私も年には勝てず、筆を持つことに

苦労するようになりました。

そのため誠に申し訳ございませんが、

毎年の年賀状も今年限りで失礼させていただきたいと思います。

今後も変わらぬおつきあいをお願い申し上げるとともに皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしております。”

こんな感じでしょうか。

高齢を理由としての年賀状の辞退であれば、

受け取った相手も納得できるでしょう。

代筆文例も!高齢のため辞退ということを相手にしっかり知らせて

年賀状を辞退する場合、入院していたり、

施設に入所していたりと

本人が書けない場合もあります。

その時は家族が代筆することになりますが、

どのような内容で書けばいいのでしょうか。

代筆するときの文例も紹介しておきます。

“あけましておめでとうございます

昨年大変お世話になったこと

感謝申し上げます。

母(父)も高齢となったため、

毎年恒例となっていた年賀状を今年限りで

辞退したいと申し上げております。

長年にわたりあたたかい新年の挨拶を

ありがとうございました。

本人は穏やかに過ごしておりますので

どうぞ安心してください。

今後も皆様のご健康とご多幸を

心よりお祈り申し上げます。”

このような感じになります。

内容としてはこちらも、高齢のため

年賀状を辞退するということ、

今後もお付き合いは続けていきたい

ということを伝えるため、

本人が書く場合と大差はありません。

また、代筆の場合は受け取った相手が

本人の体調を心配する可能性も

ありますので、「穏やかな日々を

過ごしている」などのように

近況を伝えるといいですね。

まとめ

毎年年賀状を送りあっていた相手へ

辞退する旨を伝えるのは

勇気のいることと思います。

突然、年賀状は今年で終わります

なんて言われたら、

正直いい気分はしませんよね。

しかし、高齢のためなら仕方がありません。

辞退する理由が高齢になったからと

はっきり告げることで、

相手も不快な思いをせず

しょうがないことだと

納得してくれるでしょう。

辞退することを伝えるうえで重要なのは、

みんなに同じように辞退するのだと

わかるようにすること

今後のお付き合いは続けていきたい

明記することです。

高齢が理由なら

皆さん分かってくださることでしょうが、

「どなた様にも」などの言葉を使えば

よりわかりやすいですね。

そして、年賀状を辞退するだけであって

関係まで断つわけではありません。

今後もお付き合いしたいという気持ちを

最後に記すことで、

相手も安心するでしょう。

親しい間柄なら、

「また電話やメールで連絡します」

一言入れておくのもいいですね。

家族が代筆するにせよ、

高齢が理由ということを

しっかり書いておけば、

あらぬ勘違いを防げます。

どちらにしても、

相手の気分を損ねないような

言い回しで伝えましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする