保育園の子どもたちに年賀状コメントを書くなら?コメント集

スポンサードリンク

保育園に勤めている方なら、

園の子どもたちに年賀状を送ることも

ありますよね。

毎年、たくさんの園児たちに

年賀状を作成していると、

だんだんコメントがマンネリ気味に

なってしまい、何を書けばいいのか

わからなくなっていませんか。

そんな保育士さんの助けになるよう、

今回園児たちが喜んでくれる

年賀状作成について

色々紹介させてもらいます。

ぜひ参考にしてみてください。

どんなに短いコメントでも子どもたちは喜んでくれる!

スポンサードリンク

子どもたちは短いコメントだとしても、

大好きな先生からのメッセージなら

とっても嬉しいです。

こんなコメントはどうでしょう。

・としあけ、○○ちゃんの

えがおを見るのがとってもたのしみです!

・おしょうがつになにをしてあそんだか、

先生におしえてね。

・先生はおしょうがつに、

はつもうでへいきました。

○○ちゃんはどこかへいったかな。

またお話きかせてね。

・まいにちさむいけど、

かぜをひかないようにね!

またほいくえんでげんきなかおをみせてね。

・いつも先生のおてつだいをしてくれて

ありがとう。

ことしもよろしくね。

・きょねんはたくさんあそんで

たのしかったね。

ことしも色んなことをして

いっしょにいっぱいわらいましょう。

などなど。

普段の生活での褒めてあげたいところ

書いたり、お正月にあった出来事

聞いたり、早く会いたいといった

気持ちを表現したり、

その子が見て嬉しいなと思うことを

一言でもいいので添えてあげましょう。

こんなメッセージが書かれていたら、

年明け保育園へ行くのが

楽しみになりますね。

年賀状に書かれていたことで、

保育園でお話のきっかけにもなりそうです。

マニキュアなどで装飾するのもOK!キラキラして喜び倍増!

コメントに煮詰まってしまったら、

年賀状自体を装飾してみて

楽しいものにしてあげるのはどうでしょう。

やり方は工夫次第でたくさんあります。

マニキュアで年賀状をキラキラ装飾

小さい子はキラキラしたものが大好きです。

両親あての年賀状は

きっとそこまで派手なものはないですよね。

それに比べて自分に来た年賀状が、

装飾されていてキラキラしていたら

子どもは特別感で

とっても喜んでくれるでしょう。

塗り絵年賀状

いいコメントが思い浮かばないなら

イラストで勝負。

干支の動物やお正月関連の

イラストの輪郭だけを描いて、

年賀状を受け取った園児に

色を塗ってもらいましょう。

「好きな色でぬってみてね」

コメントしておくと分かりやすいですね。

保育園の先生ならではの遊び心が

感じられます。

シールで華やかに

市販のシールを使えば、手軽で簡単。

100均でもどこでも、

色んな種類のシールが売られていますから、

スクラッチになっているもの、

はがしておみくじが出てくるものなど、

子どもの喜ぶものをチョイスして

貼ってあげましょう。

良いコメントを書こうと気負わずに、

子どもが楽しくなるような

年賀状にしたいですね。

まとめ

年賀状の時期は毎年必ずやってきます。

たくさんの園児を抱える保育園の先生は、

例年のことながら、どんな年賀状を書こうか

悩まれることでしょう。

子どもの両親も見るものだから、

コメントを書くにも

ちょっと緊張しちゃいますよね。

でも短いコメントでも、

子どもが喜んでくれるもの

たくさんありますよ。

年明け、保育園でお話するきっかけに

なるように、お正月や冬休みに遊んだこと、

行ったところを聞いてみるのは、

どの園児へのコメントにも使えるので

無難ではないでしょうか。

子どもによって

コメントを変えるのであれば、

その子の普段の生活で

褒めてあげたいところ

すごいと思ったこと

一緒にやった遊びについて書いてみると、

独自性が出ていいですね。

子どもへの年賀状はコメントのほかにも、

遊び心を取り入れた工夫をするのも

喜ばれますよ。

子どもたちはシンプルな見た目より、

派手でキラキラしているものを

好みますよね。

そこでマニキュアやシールでの

デコレーションが役立ちます。

たくさん書かなければいけないので

大変だとは思いますが、

園児たちのために頑張ってくださいね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする