正月飾りはいつまで飾る?名古屋の場合は地域でバラバラ?

スポンサードリンク

お正月に飾る物は、

門松・しめ縄・鏡餅と全国共通ですよね。

ところが、これらを片付ける時期

地方によって少々異なるようです。

クリスマスが終わって

あわただしくお正月がやってきます。

クリスマスの飾り付けを片付けて、

日本の伝統であるお正月の飾りつけも

ぬかりなく行いたいものです。

あわただしく飾り付けて、

ほっとしたまま正月が過ぎて、

気が付いたらまだ我が家だけ正月だった

なんてことがないように

片付けのタイミングをお伝えします。

同じ名古屋でも地域によってバラバラ!平均的には関東と同じ7日

スポンサードリンク

お正月のお飾りの由来はご存知ですか?

由来がわかれば少しは気合もはいりますよね。

お飾りは、お正月に天上界より

降りてくる神様(ご先祖様)に

我が家では皆様をお迎えする準備ができています

という目印になります。

最近は気のせいでしょうか?

クリスマスのイルミネーションなど、

クリスマスで精根尽き果てるのか、

お正月のお飾りが昔に比べて

かなり地味になってきているような気がします。

ひと昔前は、立派な門松を飾る

お家や会社を目にしましたが、

最近はめっきり減りましたね。

神様やご先祖様が

折角天上界から降りてきても

『お飾り(門松)が…ない…』

自分達を招き入れる準備をしてくれる家が

少なくなった…と嘆いているかもしれませんね。

ホームセンターでちょっとしたミニ門松をはじめ、

ちょっとしたお正月のお飾りも売られています。

玄関先に2対でなくてもよいので

是非、門松やしめ縄を飾り、

神様(ご先祖様)をお迎えしましょう。

門松はクリスマスが終わるころから

店頭に並び始めますので、

遅くも30日頃までには飾りましょう。

29日は(苦をまつ)と言うことから

避けた方がよく、

31日は1夜飾りと言って、

神様に大変失礼とされています。

しめ縄は、門松を飾らなくても

正月を迎えるにあたりどの家庭でも

比較的当たり前のように飾りますが、

しめ縄も門松と同様に遅くも

30日頃までに飾りましょう。

門松と一緒に飾るといいかもしれませんね。

鏡餅はなんと、

クリスマスの前に飾ってOKなのですよ。

13日から28日に飾ります。

 

 

特に28日に飾るのは八(末広がり)で

28日に飾ると縁起が良いとされています。

鏡餅が28日に飾って縁起が良いならば、

いっそ鏡餅にあわせ、

クリスマスの飾り付けを片付けながら

28日に一斉に飾ると

縁起の良いお正月を迎えることが

できるかもしれませんね。

28日に一斉に縁起を担いで

飾った正月飾りですが、

いつ片付けるのがベストなのでしょう。

門松としめ縄は『松の内』である

1月7日に取り外すところが多いようですが、

場所によっては15日まで

つけているところもあるようです。

鏡餅は1月11日が『鏡開き』

となっていますので、

1月11日に鏡餅をさげて

家族で健康祈願をして食べるとよいとされています。

ご近所さんの様子を見て片付けるのも手

『松の内』の7日や15日に片付けるのが

一般だと言いますが、

地域によっては片付けも微妙に

違っていることもあります。

そんな時はご近所さんの様子を見ていましょう。

なんとなく、ご近所さんの玄関先から、

門松やしめ縄が消え始めたら

我が家もそろそろ片付けよう!でもいいと思います。

さて、片付けた正月のおかざりは

どう処分しましょう。

1月15日の小正月に行われる

『どんど焼き』で焼却するとよいでしょう。

『どんど焼き』は地域の行事として

行われることもありますし、

神事として行われることもあります。

お正月のお飾りもそこで焼却処分しましょう。

もし、『どんど焼き』に参加できなかった時は、

紙に包むなどして

ゴミと一緒に出すのもいいでしょう。

まとめ

私の住んでいる信州では、

1月7日8日に信濃国分寺で

八日堂縁日が開かれ、

1年の家内安全商売繁盛を願う

蘇民将来なるお守りや

だるまを購入するお祭りが、

お正月の終わりを告げてくれます。

その後に行われる『どんど焼き』で

お正月のお飾り、

古くなっただるまなどを焼却します。

柳の木に食紅で色を付けた

繭玉というお餅を焼いて

無病息災を願いその繭玉を食べます。

私の住む地域のように

お正月の終わりを告げるお祭り

がされているところは

結構あるのではないでしょうか?

今年はしっかり

神様をお迎えする

お正月飾りの準備をして神様を迎え、

『どんど焼き』で

無病息災を願ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする