窓掃除のお悩み解決!外側の手の届かない場所も簡単きれいにする方法

スポンサードリンク

窓掃除で厄介なのは

外側の手が届かない部分ですよね。

出来ないからと言って放っておいたら

そこだけ目立っちゃいます。

せっかく掃除するなら、

細かいところまで

綺麗にしたいですよね。

実はこの難しい部分でも

きれいにできる方法があるのですよ。

今からお教えします!

そこが知りたい窓掃除!外側の手の届かない場所はどうすれば良いの?

スポンサードリンク

2階の窓など、身を乗り出して

外側をふくのは危険だし、

届かなかったりしますよね。

はしごや脚立もアリですが、

それでも慣れていないと結構怖いです。

そういう時には

便利グッズを使いましょう。

・クイックルワイパー

柄が長くて遠くまで届きます。

普段の掃除にも便利なアイテムなので、

自宅にある方が

多いのではないでしょうか。

これの先端にスポンジを装着して

窓掃除を行います。

スポンジを固定するのは

太い輪ゴムなんかがいいでしょう。

まず洗剤を付けたスポンジで

窓の汚れを落とします。

そのあと別のスポンジで

洗剤と水分をふき取って

仕上げましょう。

クイックルワイパーは

手の届かない場所の掃除に

とっても便利なのです。

窓の他にはお風呂場の天井など。

お風呂場の天井は

カビが生えやすいですが、

今回紹介した窓ふきと同じ方法で

天井の掃除もできますよ。

その時はスポンジではなく、

キッチンペーパーを

装着するといいですね。

最初にカビキラーなどを装着した

キッチンペーパーにふきつけ、

天井にぬっていく。

そのあとは水分を含んだ

キッチンペーパーで

カビキラーを落とすだけ。

手も汚れず、天井からボタボタ

水が落ちてくることもなく

楽に清潔な状態を保てます。

このように万能に使える

掃除グッズなので、

クイックルワイパーが

自宅にない方は、

この機会に購入してみては

いかがでしょう。

窓の掃除、外側をなんとかしたいけど手が届かない問題!

クイックルワイパー以外にも

便利なアイテムがあります。

それは両面ガラスクリーナー

というものです。

強力なマグネットを

使用しているので、

窓ガラスの内側と外側を挟んだら、

内側を動かすだけで

外側の窓もきれいにできるのです。

外側と内側同時に掃除ができるので、

時間の短縮にもなり、

危ない思いをして掃除しなくて

済むからとっても便利。

ちゃんと落下防止バンドが

ついているから落としてしまう

心配もありません。

購入するときには、

対応可能なガラスサイズを

確認することを注意してください。

ネットなどで購入でき、

2000円~3000円程度

販売されています。

商品を紹介している

動画がありますので、

こちらも参考にしてみてください。

やり方も説明してくれていますし、

便利なのが分かると思います。

両面ガラスクリーナー参考動画

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

今の時代はこういった便利グッズが

たくさん販売されているから

本当に助かりますね。

どんどん活用していきましょう!

まとめ

自宅の窓をきれいにするのは

とても重労働。

届かない外側部分を

きれいにしようとすると、

身を乗り出さなくちゃ

いけないから危ないし、

結局頑張っても届かなかったり、

困りますよね。

でもそんなふうに

無理をしなくても大丈夫。

今では便利グッズがちゃんと

販売されているのですから。

どの家庭にも高確率であるだろう

クイックルワイパーも

窓掃除に応用できます。

あの長い柄が窓の外側の

掃除に便利なんですよね。

普段は先端にフローリングシートをつけて

床掃除をすると思いますが、

この部分にスポンジを装着します。

そうすると手を伸ばしても

届かなかった部分を

クイックルワイパーが

きれいにしてくれます。

もうひとつ窓掃除の

味方になってくれるのが

両面ガラスクリーナーという商品。

これは磁石でガラスを挟むことによって、

内側と同時に外側の掃除も

できちゃう優れものです。

落下防止バンドもついているから

何かの拍子に磁石が

きかなくなっても落とす心配なし。

両面同時に掃除できるから

時短も叶えてくれます。

2000~3000円程度で購入できるので、

買っておくと重宝しそうですね。

こういった便利グッズに頼って

家事をもっと楽にしましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする