新築トイレ最新収納法!見るだけでも楽しい画像満載

スポンサードリンク

お家の一大イベントといえば、

リフォームや建て替えですね。

どんな家にしようか悩むのは

ワクワクと楽しい時間です。

リビングや寝室などの

大きな部屋に注目しがちですが、

一番気にかけて欲しいポイントは

実のところトイレだったりします。

どんなに快適な家でも、

トイレの使い勝手が悪いと

小さな不便でも生活に

大きな影響が出ます。

何回も使う場所ですから、

計画は慎重に行いたいものです。

最新の新築トイレってどんな感じ?

収納は?などの疑問を、

色々な画像とともに

解決していきましょう。

新築トイレ見せる収納

スポンサードリンク

いまのお家にあるトイレ収納は

どのようになっていますか?

よくある収納といえば吊り戸棚です。

空いたスペースを上手に

活用できる良い収納なのですが、

実はトラブルもいっぱいあります。

よく聞くのが「手が届かない」

という問題です。

せっかくの収納スペースも、

上手に活用できなければ

意味がありません。

それから、ふとトイレットペーパーが

切れたときに立ち上がって

取り出すのもなんだか嫌です。

すぐ手の届く範囲に

別の収納スペースがあった方が

便利だと思いませんか?

あとは掃除用具、生理用品、

はたまた消臭剤やオシャレな

インテリアを置くスペースなど。

欲しいポイントが結構あるのです。

まずは狭いトイレでも

上手に収納ができる工夫を紹介します。

・キャビネット付きトイレ

まずはこちら↓を見てください。

60代夫婦がトイレを

リフォームした実例になります。

プラン3 | LIXILのキャビネット付きトイレ「リフォレ」。大規模なリフォーム工事が必要なく、取り替えるだけ。見た目も、お掃除のしやすさや手洗いのしやすさも想像以上!あなたの毎日を一新させます。

最新のタンクレストイレのような

デザイン性を楽しめる、

キャビネット付きトイレ。

タンク部分をキャビネットに

することで、背面の

デッドスペースが有効活用できます。

タンク部分にホコリが

積もらなくなるので、

お手入れもラクになります。

さらにサイドカウンターがついた

画像のようなタイプなら、

手洗器の設置位置がトイレの

手前にくるので

体をひねる必要もありません。

インテリアや小物を置くスペースも

プラスで確保できてさらにお得です。

・壁埋め込み式の収納棚(壁厚収納)

ちょっとトイレの

スペースが狭い場合は、

カウンターなどを設置すると身動きが

とりづらくなってしまうものです。

そのような場合の収納は

壁の厚みを利用する壁厚収納を

活用していることが多いです。

イメージは、こちら↓の

商品を参考にしてください。

住宅建材・設備機器をトータルコーディネートのWOODONEの壁厚収納のページです。

壁厚収納とは壁の厚みの部分で

梁や柱の通っていない、

いわば壁の中の空間となっている場所を

へこまして収納を作る方法です。

デッドスペースになっている部分なので

建物の構造には

なんら影響がありません。

トイレットペーパーやタオルなど、

薄めの小物を収納するのに

ピッタリなスペースが

簡単に確保できます。

狭いスペースでも利用しやすい、

引戸タイプもあります。

気になる方はいろいろと

問い合わせてみてください。

新築トイレ大容量の収納棚

次に、広いスペースが確保できる

場合についてお話しします。

最新のトイレは

スペースをゆったりと使い、

快適なトイレ空間を

演出しているケースばかりです。

画像集はこちら↓

画像集を見ると、トイレスペースが

とても広いことに驚きますね。

そして手洗い器の下に収納棚を

設けるタイプ(トイレカウンター)が

多いことがわかると思います。

トイレカウンターは

タンクの水で手を洗うのに

抵抗があるという人や、

タンクまで手が届かない小さな子供、

そして振り向いて手を洗うのが

しんどくなる高齢の方に

とって優しい設計です。

ちなみにトイレカウンターは

限られたスペースでも

設置できるタイプがあるので、

気になる場合はいろいろと商品カタログを

チェックしてみると良いでしょう。

厚みのない薄型タイプ、

コーナーに設置するタイプなど

いろいろな種類がありますよ。

まとめ

新築トイレの収納は、

機能性だけでなくデザイン性

重視したものばかり。

ちょっとした小物を

プラスするスペースがあると、

一気にトイレがオシャレになりますね。

トイレを選ぶときは

ぜひショールームにいきましょう。

最近はトイレの展示も

充実していますから、

スペースを確認しつつ、

収納量使い勝手などの確認を

しっかり行いましょう。

独立手洗いや収納を壁に取り付けたら

便器前が狭くなり、

使いにくくなってしまったという

ケースもあります。

機能を考えるのは大切ですが、

欲張りは禁物です。

本当に必要なトイレはどんなトイレか、

担当の人と納得いくまで

相談してくださいね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする