エアコンから水漏れ…ドレンパンにゴミが溜まっている?掃除法は?

スポンサードリンク

「いつの間にか、エアコンから水滴が!」

こういう経験ってありませんか?

どうやら水漏れは、エアコンの下にある

ドレンパンという受け皿に

汚れがたり、さらに、

ドレンホースが詰まるのも原因のようです。

どちらも馴染みがないという方も

多いと思いますので、

順を追って説明していきますね。

この機会に、

正しい掃除方法をマスターして、

きれいに保つようにしておきましょう。

ドレンパンに汚れや雑菌が溜まると室外機のドレンホースが詰まる?定期的に掃除しよう

スポンサードリンク

ドレンホースというのは、

エアコンの室外機付近にある

排水ホースのことを指しています。

エアコンは、冷房の場合には、

部屋の空気を取り込んで、

冷却してから室内へ循環させる仕組みです。

この時に本体内部は冷却によって、

空気中の水分が結露した状態になります。

そのままにしていると、故障の原因や

カビの原因にもなってしまうので、

その水を排出しないといけません。

そのため、本体から室外に向けて

排水する役割を果たすホースを

取りつけているのです。

ここで問題なのが、ドレンホース内に、

エアコン内部についた埃やゴミが

水と一緒に流されてしまうことです。

そうすると、

途中で詰まってしまうことがあります。

そのほか虫がホースの先から侵入して

詰まってしまうというケースもあります。

掃除をしないでそのまま放っておくと、

さらにゴミがたまった状態になり、

どんどん水の流れが

悪くなってしまうのです。

最悪の場合は、水が逆流を起こして、

とうとうエアコン本体から

水が漏れるような事態になってしまうので、

定期的に掃除をしましょう。

水滴を受け止める役割のドレンパン!エアコンのふたを開けてきれいに掃除を!

エアコン故障の原因にもなりかねない

水漏れを防ぐためにも、

掃除は欠かせません。

しかし、その方法を知らないという方も

いると思うので、

参考にしてみてください。

◎本体側から押し流す

作業を行う前に必ず

本体の電源コードを抜いておいてください。

家の清掃に便利な高圧洗浄機を使って、

詰まりを解消する方法を紹介します。

洗浄する時は、エアコン本体を浮かして、

ドレンホースを外すようにしましょう。

そのままドレンホースの入り口に、

高圧洗浄機を差し込み一気に噴射します。

ホースの先端が室外機の中にあって、

見えない場合などにも効果的です。

◎ホース先端側から吸い取る

詰まりを吸う場合は、

掃除機を使うといいでしょう。

タオルなどで吸引口をカバーして、

異物や水を掃除機本体に

取り込まないように工夫しましょう。

空気を送り込む場合は、

口やドライヤー(冷風)などが有効です。

それでも詰まりが解消しない場合は、

専門の道具を使う必要があります。

ホースの先の方からゴミを吸引する場合は、

ドレンホースクリーナーを使用します。

このクリーナーは

注射器の要領で使うもので、

電気は必要ありません。

ホースの先端にクリーナーを差し込み、

レバーを引くだけで、

簡単に埃やゴミを吸引することができます。

ただし、すべての埃やゴミを

取り除けるわけではありません。

その後、水をエアコン側から流すと、

残ったゴミを取り除けますので

あわせて覚えておきましょう。

◎ドレンパンの詰まり

水漏れの他の原因としては、

エアコン内部のドレンパン(水の受け皿)に

水垢が溜まっている場合もあります。

そのため、ドレンパンが水を受けられずに、

水漏れが起きてしまいます。

この場合は抑制剤

エアコン内部に設置することで

水漏れが解消します。

可能であれば、ドレンパンを取り外して

掃除してみるのもよいでしょう。

まとめ

エアコンの水漏れが解決したら、

今後のメンテナンスについても

検討してみましょう。

エアコンのフィルターや内部は、

定期的に掃除する必要があります。

使用状況にもよりますが、

フィルターは2週間に1回、

内部のクリーニングは

1〜2年に1回が目安です。

フィルターは取り外して、

掃除機で付着したホコリを

フィルターのオモテ面から

吸い取りましょう。

汚れがひどい場合は、

掃除機でホコリを吸った後、

取り外して水で洗い流します。

水洗いした後は、

日陰でよく乾かすようにしましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする