新しい風習「お盆玉」。気になる相場は?

スポンサードリンク

2014年に、郵便局でポチ袋が販売されて

話題になった、「お盆玉」。

お盆玉とは、

お盆に子どもに渡す

お小遣いのことだそうです。

えっ。お正月のお年玉以外に、

お盆にも子どもにお小遣いをあげちゃうの?

昔はそんな風習なかったのに、どうして?

私も、郵便局の窓口で

おぼんだま」と書かれたポチ袋を

初めて見たときは、

びっくりして目を疑いました。

とても気になったので、

お盆玉について

もっと詳しく調べてみましたよ。

お盆玉の由来。もともとは山形の風習でした。

お盆に子どもに

お小遣いを渡すという風習は、

もともと山形県一部の地域

あるものだそうです。

山形県立博物館の資料によると、

ときは江戸時代にまでさかのぼります。

昔、山形地方では、

奉公人に「お盆小遣い」というものを

渡す風習がありました。

といっても、当時はお金ではなく、

渡すのは着るものや

下駄といった物が中心でした。

それが昭和にはいって、

徐々に子どもにお金を渡す風習に

変わっていったそうです。

現在の「お盆玉」は、

この「お盆小遣い」に

由来していたんですね。

「お盆玉」という言葉。実は最近つくられたものだった?

スポンサードリンク

山形県の一部の地域で、

お盆に子どもにお小遣いを渡す風習が

あることは分かりました。

でも実は、「お盆玉」という言葉は、

もともと山形県では

使われていなかったのです。

「お盆玉」は、

山梨県のマルアイという会社が、

2010年に考案し商標登録した造語です。

なんだか、山形と山梨でややこしいですね。

お盆小遣いの風習があったのが、山形県。

お盆玉という言葉を生んだのが、

山梨県の会社というわけです。

山梨県にあるマルアイという会社は、

主に紙製品を製造・販売している会社です。

この会社が「お盆玉」という言葉を考

案したんですね。

そして「お盆玉」と印字されたポチ袋を

販売したのです。

それがじわじわと浸透して、

2014年には、

とうとう郵便局でも

お盆玉のポチ袋が

取り扱われるようになりました。

さらに今では、

大手企業の店舗でも

目にすることができるように

なりつつあります。

コンビニやイオンなどで

お盆玉のポチ袋を見たことがある、

という方もおられるのではないでしょうか。

お盆玉の相場は?実際はどうなの。

夏のお年玉」とも言われる、

この「お盆玉」。

なんだかんだで、

お盆玉を渡す風習は、

この先どんどん定着していきそうですが…。

もし自分が渡す立場になったときには、

一体いくらくらい包めばよいものか。

気になりますよね。

さてさて。

お盆玉で渡す金額の相場は、

お年玉とほぼ同じくらいの額か、

もしくはそれより少ないくらいだそうです。

目安となる金額は、こんな感じです。

小学生…1000円~3000円

中学生…3000円~5000円

高校生…5000円~10000円

とはいっても、実際の金額は、

それぞれの地域や「渡す側・もらう側」

の関係により微妙に異なります。

それはお年玉も一緒ですよね。

お子さんをもつ親戚同士で、

あらかじめ金額を

設定している場合もあるそうです。

こちらで紹介した金額も、

あくまで目安として

参考にしてみてくださいね。

まとめ・感想

「お盆玉」とは、

最近つくられた造語で新しい風習。

山形県の「お盆小遣い」が、

もともとの由来。

金額は、お年玉の額が参考になります。

個人的な感想ですが、

お盆玉の風習は

あまり浸透しないでほしいなと

思っています。

お金をつかう、

そして気もつかうのは

お正月だけで十分、

というのが本音です。

その一方、

東北地方に住んでいる

子育て世代の友人が、

こんなことを言っていました。

「夏休みに、

実家に子どもを連れて帰省したら、

かわいいお盆玉のポチ袋をもらったよ~。

なんかうれしい。」

その友人は

「自分が子どものときも

お盆にお小遣いはもらっていた」

と言っていました。

でも昔は、

お金がティッシュに

包まれていたりしたそうです。

お盆に遊びに来たお孫さんに

「お小遣いをあげたいけれど、

ちょうどよい袋がなくて困っていた」

という、おじいちゃんおばあちゃんには、

お盆玉のポチ袋は

もってこいかもしれませんね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする