流行語大賞2017を大予想!このハゲーや忖度は大賞候補!?

スポンサードリンク

毎年年末が近づくと

流行語大賞がどの言葉になるのか、

そういった話題が出てきますね。

 

今年2017年も

世間をにぎわす色々な発言がありました。

 

中でも「このハゲー」や忖度」は

一時期毎日のように

耳にしたのではないでしょうか

 

そういった言葉がうまれたいきさつや

今年の流行語は何になるのか。

 

予想を交えながら

紹介したいと思います。

 

大賞候補「このハゲー」や「忖度」がうまれたきっかけを知りたい

スポンサードリンク

 

流行語大賞になる可能性が濃厚

と騒がれている

このハゲー」・「忖度

二つの言葉は

どのように生まれたのでしょうか。

 

ワイドショーを

普段からご覧になっている方は

ご存知かと思いますが、

改めて整理してみます。

 

このハゲー

発言者 豊田真由子議員

 

この言葉は、

豊田真由子衆議院議員の

元秘書がひそかに録音していた

音声テープにより世間に流出。

 

元秘書は豊田真由子議員からの

度重なる暴行被害の証拠として、

録音していたようですね。

 

このテープには

豊田真由子議員の

とんでもない暴言の数々が

おさめられていましたが、

その中のひとつが

「このハゲー」だったのです。

 

一時期は毎日のように

「このハゲー」

と絶叫する豊田真由子議員の音声が

ワイドショーなどで流れ、

テレビの前で

ドキッとしてしまった方も

いらっしゃったのではないでしょうか。

 

あまりにもひどい言葉ですが、

芸人たちにもネタにされ

話題となったので、

今年の流行語大賞へ

ノミネートは確実

といった声が多いですね。

 

忖度

発言者 森友学園 籠池理事長

 

国有地の払い下げに関する

不当な値引き疑惑からはじまった

森友学園問題

それに関して

理事長の籠池氏の証人喚問が

行われたのですが、

この時籠池氏が度々発言していたのが

「忖度」という言葉。

 

普段聞き慣れない言葉ですが、

意味は

相手の気持ちを推し量る

といったもの。

 

意味を知っても

日常会話にはまず使わない、

と私は思いましたが、

どうやら

日常の言葉としても定着してきている模様

 

籠池氏の「忖度」発言をきっかけに

政治家やコメンテーターも

好んで使うようになり、

今年の流行語候補として

あげられているのです。

 

 

政治家の不祥事が目立った今年は、

流行語にもこういった言葉が

選ばれるのかもしれませんね。

 

2017年上半期の注目語10選。大賞はこの中から誕生するのか!?

 

流行語大賞に選ばれそうな

上半期の注目語を10語あげてみます。

このハゲー」と「忖度」は

有力候補としてすでに

話題になっているので、

それ以外のものを選びました。

 

・インスタ映え

・35億

・プレミアムフライデー

・ハンドスピナー

・フェイクニュース

・藤井フィーバー

・メルカリ

・けものフレンズ

・空前絶後の

・印象操作

 

芸人のネタ、

安倍総理が国会審議で

何度も発言した「印象操作」、

SNS流行による「インスタ映え」など、

メディアでよく

取り上げられる言葉を選んでみました。

 

この中から

流行語大賞に選ばれるものは

あるのでしょうか。

 

個人的には暗い、

印象の悪い言葉よりも、

明るい言葉が大賞になる方が

すっきり1年を

まとめられるのではないか

と思うので、

35億」とかがいいかなぁ

と思います。

 

ブルゾンちえみさんは

24時間マラソンの走者にも

選ばれましたし、

今年ノリにのっている芸人さん

ですので、

そのブルゾンさんのネタに

登場する言葉が

大賞に選ばれる可能性も

大いにあるのではないか

と考えられます。

 

大賞予想は人それぞれ違いますが、

世間の声としては、

やはり「忖度」が強そうですね。

 

まとめ

 

上半期が終わって、

今年の流行語候補として

有力だとささやかれているのは

このハゲー」と「忖度」です。

 

この言葉がうまれた背景には、

あまりよろしくない

事情が絡んでいますが、

芸人がネタにしたり、

ワイドショーで何度も

繰り返し放送され、

一時期はかなり耳にする言葉

でしたね。

 

「忖度」は

やはり強いかと思いますが、

「このハゲー」は

さすがに選ばれないのではないか

とも思います。

 

なぜなら過去の流行語大賞に、

人を悪く言うような言葉は

選ばれていないからです。

 

「このハゲー」が選ばれたら

ちょっと衝撃かもしれません。

 

この2つの言葉以外でも

いろんな言葉が

候補にあげられていますね。

 

最年少プロ棋士として

連勝記録を更新した

藤井聡太4段による

藤井フィーバー」や、

突然人気になったおもちゃ

ハンドスピナー」など。

 

これから下半期にも

注目の言葉が登場するのか、

気になるところです。

 

あなたはどんな言葉が

大賞に選ばれると予想しますか。

 

発表が楽しみですね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする