渡辺竜生(キャンピングカージャーナリスト)のwikiとキャンカーの知識

スポンサードリンク

キャンピングカー

ジャーナリストの

渡辺竜生(わたなべたつお)さんが

NHK

2017年10月4日(水) 20時15分〜

探検バクモン

「動く家!?キャンピングカー」
2017年10月4日(水) 20時15分

に出演されていますね。

キャンピングカーは誰しも一度は

目にしたことがあるでしょう。

利用している方も

いるかもしれません。

一般的には

寝泊まりできる設備のある車で

日本での呼称のようです。

キャンピングカーを利用した

キャンプではいつもと一味違った

キャンプが楽しめます。

発電システムや、疲れたときに休むベッド

など多彩な機能が備わっています。

アウトドアなど楽しまれる方の

必須アイテムですね!

そんなキャンピングカーを利用して

ジャーナリストとして活動している

渡辺竜生さん。

各地をキャンピングカーで

巡っている彼ついて

プロフィールやキャンピングカーの

魅力も踏まえて

ご紹介したいと思います!

渡辺竜生のwiki風プロフィール

スポンサードリンク

渡辺竜生さん東京都/53歳

キャンピングカージャーナリスト

として活躍を続ける彼は

サラリーマンから

フリーライターに転身

キャンピンカーに出会い

専門誌の執筆やセミナー講師

テレビ出演などマルチに

活躍を広げています。

旅のお供は猫6匹と嫁さん

著書

「キャンピングカーって

本当にいいもんだよ」

を出しています。

キャンピングカー以外にも

二輪や四輪のものであれば

好きなようで魅力を伝えるべく各地で

活躍されています。

渡辺さんから学ぶキャンピングカー知識

そもそもキャンピングカーとは?

興味があるけどよくわからない

かといってスタッフの人に

一から教えてもらうのも…

と思っている方も多くいるかと思います。

私の近所にもキャンピングカー

駐車場に止めているお家があるのですが

かっこいいな気になるなと思いつつ

外から眺めているだけです。

また普通免許で運転できるのか?

トイレはどうなっているの?

快適に休めるものなの?

などなど

初歩的なところさえ

わからない事だらけです。

渡辺竜生さんからその知識を

学んでみましょう!

渡辺さんは10年間で

環境はかなり変わったと言います。

昔はお金持ちが娯楽として

キャンピングカーを所有している

イメージが強かったそうですが

今では普通のサラリーマンでも

アウトドアを楽しむ一つのツールとして

当たり前になってきました。

キャンピングカーは道路運送車両法の

特種用途自動車

と言う分類で8ナンバーとなります。

室内には四人掛けのテーブルと

ソファーがあり運転席の上にベッドが

搭載されています。

小さな流しなどもあり

冷蔵庫も配備されているので

手を洗う事や

飲料水を保管しておくことも可能です。

また、10人以下であれば

普通車として扱いになるので

普通免で運転ができます。

キャンピングカーで旅をしていると

都内では体験できないこと

出会いがたくさんあると

渡辺さんは言います。

キャンピングカーを手にすることで

新たに手に入るたくさんの

「価値」

があるのです。

急増中のrvパークの利用方法

rvパークとは

キャンピングカーオーナーや

車中泊ファンの為に

快適に安心して車中泊ができる場所

を提供する日本RV協会

推進しているシステムです。

全国の道の駅をはじめとして

オートキャンプ場や

日帰り温泉施設との連携で

日本各地に次々とオープンしています。

基本的には駐車場での車中泊を

公認されたものと捉えられるそうです。

電気設備などは有料で

完備されています。

キャンプ場とは違いますから

車外での調理等は行えません。

24時間利用可能なトイレ

ごみ処理を引き受けるシステムなど

様々なサービスをご利用いただけます。

一般的にほとんどのrvパーク

予約不要でご利用いただけますが

一部のパークでは予約が必須となる場所も

ありますので注意しましょう。

現地に到着したら、受付を済ませて

施設ごとに異なるルールや

料金などを確認しましょう。

キャンピングカー以外でもご利用可能です。

定義として

●ゆったりとした駐車スペース

一週間くらいの滞在が可能

●24時間利用可能トイレ

●100V電源使用可能

●入浴施設が近隣に

存在することが好ましい

●ゴミ処理可能

●入場制限が緩やか予約が必須でない事

こちらを日本RV協会が認定しています。

いかがだったでしょうか?

興味を持っている方も

ちょっとチャレンジしてみたい!

と思っていた方も

今では趣味や旅のツールとして

用いる方が多くいます。

今後はキャンピングカーを愛する人へ

安心して車中泊ができるエリア

拡大していく動きが見られます。

ぜひ新しい

「価値」

を手に入れるチャンスです!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする