もしかしてうちの犬、夏バテ?気になる症状〜下痢

スポンサードリンク

日本の夏は暑いですから、

犬も夏バテになってしまいますよね。

犬も夏バテなんてご主人様は

心配になってしまいます。

犬はお話できないので、

様子をみて病院へ連れて行くしか

できないので、夏は本当に心配です。

それでは犬の夏バテについて

書きたいと思います。

犬の夏バテ、どんな症状が現れる?

スポンサードリンク

夏バテ、心配ですよね。

ということで例をあげたいと思います。

・散歩に行っても歩かなくなる、

スピードが遅い

・名前を呼んでも来なかったり、

ぐったりしている

・寝る時間が増えている

・あまりご飯を食べない

・下痢や、軟便になってしまう

・嘔吐してしまう

こんなにも症状が出るので、

ちゃんと犬の様子を見てあげましょう。

見てあげてるだけでも

分かるはずなので

症状が出たら対策や病院に

行ったりしましょう。

そして、下痢になってしまうのは

危険証拠です。

ちゃんとウンチもどうなってるか

見てあげましょう。

辛くなってる犬を見るのは

ご主人様も辛いはずですから、

ちゃんと様子を見ましょう。

下痢をしたら、要注意!対処法と受診の目安

まずは先ほど言った下痢について

お話しようと思います。

まず下痢を起こしてしまった場合、

犬の全身の状態便の様子

食べたものをメモすること。

そして下痢を起こす原因はストレス状態が

続いた時や悪いものを食べた時。

次にクーラーなどの効きすぎで身体が

冷えてしまったり、

暑いからといって

クーラーなど冷えるグッズなどを

使いすぎて下痢を起こす場合もあります。

・まず家での対処法。

無理に下痢を止めず、

体内にあるものを排出させてあげる方が

良いです。

慢性の場合は安易に薬に頼らず、

下痢を全て排出させてあげましょう。

水分補給は大事ですが、

水分の与えすぎで起こすため、

ごく少量を時間をおいて

与えてあげると良いと思います。

そして餌は消化に良いものを

1/3程与えて様子を見てあげましょう。

それでは

お腹に良い餌を紹介したいと思います。

生野菜は水分も入っているので

通常の水を与えるより

水分を負担なく吸収することができます。

トマト、きゅうり、レタス、スイカ、ナシ

(全て水分が多いです)を

与えてあげると良いでしょう。

まるごと餌を変えるのではなく、

少し与えるだけでも良いでしょう。

そして犬は匂いで餌を選んだりするので、

そこでオススメなのは、

茹でた鳥のささみ、茹でた野菜、

チキンスープ、プレーンヨーグルト

などが良いでしょう。

それかドライフードにスープを

かけたりして温めて匂いをたたせると

無理なく食欲も良くなって行くと思います。

最後に、犬用の腹巻きなどで、

温めたりしてあげましょう。

人間もお腹が冷えるとお腹を

壊してしまいますからね。

・病院に行って対処する場合

一過性のものなら様子見で良いですが、

2日以上続くなら病院へ行きましょう。

下痢は体質でなる犬も多いです。

なので普段下痢をしない犬でしたら

病院へ行くことを勧めます。

そして下痢+嘔吐の場合は

絶対病院へ行きましょう。

病院へ行けばちゃんと診療してもらえるし、

お薬などで対処できるので安心できます。

愛犬が夏バテになってしまったら、最後に

いつもちゃんと様子を見ることが1番です。

そして一緒に生活している以上、

自分の体のことではなく愛犬のことも

考えましょう。

クーラーなどは下げすぎず気をつけるなど、

思いやってあげましょう。

家でできることは家で、

それ以外は病院にすぐ連れて行ってあげる

のが良いでしょう。

家でできることもありますが、

犬はお話したりはできないので

もし何かあった時に辛い思いをするのは

飼い主でもあるし、愛犬でもあります。

人間でも夏バテを起こすと辛いのですから、

犬は体が小さいぶんもっと辛いはずです。

様子を見てあげれるのも飼い主だけですから、

目を離さずきちんと見ていてあげましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする