車のエアコンが効かない!冷房を使いたいのに…故障原因ベスト5

スポンサードリンク

これからどんどん暑くなり、

ドライブ中にエアコンの使用が

必要となってくる季節ですね。

こんなときに肝心のエアコンがこわれたり、

あまり効かなくなったりすると

ショックですよね...。

窓を開けるだけでは耐えられなかったり、

窓を開けようと思っても

開けられない空気の悪い場所もあります。

エアコンが効かなくなった

故障の原因として、

とくに多いものを5つご紹介します。

◎エアコンガス不足

エアコンが効かない際の原因として、

まず思い当たるのが

エアコンガスの不足です。

その場合はエアコンガスを補充することで

問題は解決します。

しかしエアコンガスが

勝手に抜けてしまうことは

考えにくいです。

ガスを入れた後

すぐに無くなるようであれば、

どこかから漏れている可能性があるので

修理の必要があります。

◎コンプレッサーの故障

コンプレッサーは、

エアコンガスを圧縮するための部品です。

エアコンのスイッチを入れた際に、

カチンッという音が聞こえず、

エンジンの回転数にも変化がなければ、

コンプレッサーが作動していない

ということが考えられます。

◎コンデンサーの故障

コンデンサーは、

車の全面にある

網や格子状になっている部分の

すぐ裏側にあります。

エアコンの冷媒の熱を

放熱するための部品です。

冷風は出るが

時間と共に効きが悪くなるなら、

コンデンサーに異常があると考えられます。

◎エキスパンションバルブの故障

エキスパンションバルブは、

液化されたエアコンガスを

霧状に噴射することで、

一気に低圧低温にするための

小さい部品です。

ガス量は多くも少なくもないのに

冷風になっても極端に冷えが弱いときは、

バルブが開きすぎていたり、

詰まっていたりして、

ガスを循環させることが

出来なくなっていることが考えられます。

◎エバポレーターの故障

エバポレーターとは、

キンキンに冷えたエアコンガスの通り道で、

室内の除湿と、送られた空気を

冷却するための部品です。

もし、詰まったりしてしまうと、

送風を冷やすことが出来ないので、

エアコンからは

ぬるい風しか送られてきません。

エバポレーターやフィルターの汚れが原因?エバポレーターは専用クリーナーで掃除しよう!

スポンサードリンク

エアコンの効きとは関係がありませんが、

車のエアコンのフィルター

交換することが必要です。

そしてエバポレーターは、

エアコンのいやなにおいの

もとになっているので、

洗浄することをおすすめします。

◎フィルターを定期的に交換する

エアコンフィルターを購入しておくと、

取り外し方が説明書に書いてあるので

掃除するのにも便利です。

掃除の仕方は、

トレイにお湯をはり

ワイドマジックリンなどの洗剤を入れて

30分から1時間付け置き洗いです。

そのあと、

やさしく水ですすぎ洗いをしてください。

なま乾きだと

臭いエアコンになってしまいますので、

しっかりと乾燥させます。

掃除しても汚れがあまり落ちないようなら

交換してしまいましょう。

◎エバポレーターの洗浄

自分でするほうが、

ディーラーにお願いするよりも

安く済むので、

専用のクリーナーを買って洗浄しましょう。

まずは、助手席にある

グローブボックスを外すします。

次に、フィルター設置部分があるので、

外してください。

そこへ洗浄液を噴射するだけです。

どこが原因なのかわからない…整備工場で点検してもらおう

カーエアコンの寿命

だいたい10年といわれています。

数か所の不具合を同時に修理すると

費用が10万円以上

なってしまうこともあるようです。

長く使っていきたいのであれば、

定期的なメンテナンスエアコン診断などを

行うことをおすすめします。

診断にかかる費用の相場は、

約8000~15000円となっています。

修理代というのは

車種によっても異なってきます。

異常があれば追加で

修理・交換に費用がかかってしまいますが、

大きなトラブルが発生する前に

修理できるのであれば効果的です。

まとめ

エアコンの故障と言っても、

考えられる原因は

さまざまであるということが

おわかりいただけたと思います。

ガスやコンプレッサー以外の部品に関しては

判断がむずかしいので、

ディーラーや整備工場へ

診断をお願いすることをおすすめします。

フェイルターやエバポレーターであれば

自分で清掃できるので、

節約の意味でも

定期的にメンテナンスしましょう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする