交通事故の裁判での費用はいくら?中には着手金無料の弁護士も

スポンサードリンク

誰もが、交通事故には

遭遇したくないですよね。

出来れば、裁判にもつれ込むことなく、

事故後も、示談による早期円満解決を

図りたいところですが、

双方での示談交渉が決裂した相手が、

示談に応じてくれそうにもない。

など、さまざまな理由から、

不本意ながらも、裁判まで

持ちこなければならない状況もあります。

法的な専門知識を私達は、

持ち合わせておりませんから、

弁護士を依頼する事になります。

当然、弁護費用がかかってきます。

ここで、保険のオプションに

弁護特約がついていると、

おおよそ上限300万位まで、弁護費用が

保険でまかなえる事があるようです。

(あくまで、補償の金額で

提示されていたものです。弁護費用は

300万かかると言う事ではありませんので、

誤解なきよう)

特約弁護補償を付けていると、

過失割合0のもらい事故で

保険会社に示談の代理業務を

してもらえない時にも利用できます。

まずは、加入している保険に特約で、

この弁護補償がついているかいないか

確認してみましょう。

どう、弁護士をさがせばいい?

スポンサードリンク

さて、保険に特約で

弁護補償がついていたにせよ、

付いていなかったにせよ、裁判となれば、

弁護士をたてないといけません。

弁護士を立てる以上は、

信頼できる自分の立場をきちんと理解して、

弁護をしてくれる人材を

見つけないといけませんよね。

一番いいのは、やはり、身内?

身内に弁護士がいたら、

それはそれは超ラッキーですよね。

(ある意味、弁護費用も

抑えられるというもの…)

しかし、そうそう、

上手い話があるわけでもなく。

次に知り合い。

知り合いに弁護士さんがいれば、

紹介してもらう。(この場合は、

弁護費用などからの相談になりますが、

弁護費用などに見合った弁護の方法などの

情報を得る事はできるかもしれませんね)

弁護士も人間ですからね、そりゃ、

やり手の方もいらっしゃれば、

認めたくは無いですが、

悪徳と呼ばれてしまっている方も

いらっしゃいます。

要は、そういうハズレな弁護士には

誰もが当たりたくないわけで…

弁護士懲戒処分検索センター

(ただし、一概に悪い弁護士とは

いえないようです。いろいろな事情で、

リスト入りしてしまっている方も

いらっしゃるようなので、

その辺は自己責任でおねがいしますね。)

「日本弁護士懲戒処分検索センター」は2000年1月以降の懲戒処分された弁護士情報を公開しています。氏名、登録番号などで検索できます。

 

交通事故物件に強い法律事務所を選ぼう!

特約で、弁護補償が付いている場合は、

とりあえず費用を気にすることなく

弁護士をお願いする事ができますね。

また、そういった補償が無かった場合でも、

完全報酬制で着手金がかからない

法律事務所もあるので、とにかく

探してあたってみることでしょうか。

交通事故案件に強い法律事務所リストや

情報が載っているサイトです。

弁護士相談cafe

https://交通事故解決.jp/

法律事務所にも

交通事故案件に強い法律事務所もあれば、

そうじゃない事務所もありますので、

依頼する時には、リサーチをして、

自分が納得できた所に

お願いするのがいいでしょう。

ネットを見ると、たくさんの

法律事務所が名を連ねていますが、

交通事故案件に強い法律事務所を

探す目安について調べてみました。

まず、相談件数が多く、解決件数も多い事。

相談件数だけを、

実績としてあげているところより、

更に解決件数提示しているところ。

解決事例や、生の依頼者

上げられているところ、医師との連帯

取れているところ、がいいようです。

まず、電話で、弁護の依頼について

問い合わせをすると思うのですが、

その際の電話対応に、不信感や、

感じの悪さを感じた場合は、

依頼に慣れていない。

依頼が少ない(経験が少ない)と

見たほうがいいようです。

経験を積んで、フォローができている

法律事務所の電話窓口は依頼主をまず、

不安にさせない対応を心得ているので、

受付もスムーズです。

まとめ

弁護士を依頼すると、

確かに費用はかかるかもしれませんが、

交通事故にあって、本来普通に出来ていた

当たり前の出来事ができなくなり、

生活が壊されたとき、それを補うために

相手に補償を求めることはしごく

当然の事です。

必要ならば依頼をして、

前向きな人生に向けて一歩踏み出して

ほしいものです。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする