交通事故の被害者!損害賠償を請求できるのはどの範囲まで?

スポンサードリンク

交通事故。

それは誰もが恐れ、事故が起きないように

日々気を付けていることと思います。

しかし、自分は事故を起こさないように!

と気を付けていても

被害者になってしまうこともありますよね。

今回はそんな交通事故に遭ってしまった

被害者の方に焦点を当て、

普段あまり気にすることのない

損害賠償のあれこれをまとめてみました!

どんな項目が損害賠償請求出来るのか、

普段聞き慣れない言葉など、

分かりやすくご説明していきます。

「家族が交通事故に遭ってしまったけど

損害賠償について全くの無知だ(><)」

という方は是非最後までお付き合い

頂ければ幸いです(*^^*)

無条件に損害賠償を請求出来る訳じゃない!?積極損害と消極損害の違いは?

スポンサードリンク

まず、交通事故が起こると

損害賠償が発生することはご存知ですね。

損害賠償とは…違法な行為により、

損害を受けた場合に金銭または物品で

埋め合わせすること。です^ ^

交通事故の場合ですと、

金銭での埋め合わせの場合が

ほとんどですよね。

次に普段あまり聞き慣れないのが

「積極損害」と「消極損害」。

例えば被害者側は、万が一、

交通事故によって

怪我にしろ、精神的損害にしろ、

通院を余儀なくされたとします。

その場合、本来支払うはずのない出費が

かさむ訳ですので、診察費などの費用を

損害として請求できることを

積極損害」といいます。

一方で、加害者側

交通事故を起こしてしまったことにより、

本来得られるはずだった収入利益

損害してしまいます。その場合、

交通事故を起こしてしまったことによる

利益の損害を「消極損害」といいます。

被害者サイドの損害賠償と、

加害者サイドの損害賠償という捉え方が

分かりやすいですね^ ^

今回は被害者の方が請求出来る

「積極損害」について

深掘りしていきますが、

この損害賠償請求にもいくつかの種類が

存在しており何でもかんでも積極損害として

請求出来る物訳ではないようです。

どんな項目が積極損害として

損害賠償請求出来るのか

次で説明していきます^ ^

知っておけば損しない!加害者に請求できる損害賠償請求の範囲と金額

では実際に交通事故に遭ってしまった方が

「積極損害」として損害賠償請求できる

項目には以下の場合が当てはまります。

・病院での診察費、通院治療費

・介助を要する場合の付添介助費

・リハビリ費

・入院や手術費

・通院する際の交通費

・義足や車椅子の購入費

などです。

項目によっては積極損害として

適用にならないものもあるので

線引きが難しく、判断に迷ったときは

領収書は必ず保管しておき、

保険会社の方や弁護士など、

専門的な知識を持っている人に

相談するようにしましょう。

次に損害賠償請求できる金額についてです。

入院や交通費 全額
付添介助費 職業付添介助人は全額

近親者の場合…

通院3,000〜4,000円ほど

入院1日5,500〜7,000円ほど

入院する際の雑費 1日1,100〜1,500円ほど
義足や車椅子など 購入費相当額

また、自由治療といって

必要以上の治療が行われたり、

領収書が無い、治療とは関係なく

入院中に個室を利用した場合や

緊急性の無いタクシー利用など、

損害賠償請求が認められない

ケースもありますので、注意しましょう。

まとめ

誰もが起こしたくないし、

被害に遭いたくない交通事故ですが、

現に毎日、日本のあちこちで

交通事故は起きています。

万が一の事態に備えて、

被害者側にも加害者側にも適用される保険は

大変重要です。

保険の種類によっても

補償内容には差がありますので、今一度

保険の補償内容の見直しをしてみたり、

万が一すでに交通事故に

遭われてしまった後でしたら

領収書の管理専門家への相談など

請求漏れのないようにして、

補償してもらえる部分はしっかりと

補償を受け取りましょう^ ^

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする