アパートのエアコンから水漏れ!賃貸なので大家さんと相談すべき?

スポンサードリンク

新しい季節となり、

先月から新たなスタートとして

ひとり暮らしを始めたり、

引っ越しをされたりしている方も

多いのではないでしょうか。

引っ越しは重労働なので、

やっと落ち着いた方も多いと思います。

物件探しから家具家電揃えるまで…

本当に大変ですよね。

私も昨年、結婚を機にはじめて家を出て

引っ越しを経験しました。

もともと父親が転勤が多い仕事だったため、

引っ越しには慣れていましたが、

全部両親任せだったため、

ひとりでの引っ越しは

こんなにも大変なのかとびっくりしました。

実家から近いところにしたので、

引っ越し業者は頼まず

実家から引っ越し先まで

車で何往復もしたのを覚えています。

物件探しにも時間がかかり、

ネットで探したり

不動産屋に足を運んだり何度もしました。

なかなか条件が合うものを見つけるって

難しいですよね。

物件探しが終わったあとも、

手続きやら家具家電探しやらで

ずっとバタバタしてました。

手続きも不動産屋のもあるし、

市役所のもあるし…

頭がパンクしそうでした。

また、家具家電も大変なんですよね。

これがいいと思っても、

サイズ的に無理だったり

引っ越しは大変だと痛感しました。

唯一の救いだったのが、

エアコン電気

ついている物件だったことです。

エアコンを購入しなくて済んだのは

とても助かりました。

ただこのエアコン、

つけると時々変な音がするんですよね。

新しいエアコンなんですが、

音がどうしても気になる…

不動産屋に言おうかなぁと思って

数日が過ぎ、

結局エアコンを今は使っていないので、

また使い始めて鳴るようだったら

相談しようと思っています。

そんなエアコンに悩まされている方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

特に厄介なのが、水漏れですよね。

あれは、本当に困ります…

今回は、エアコンが

もともとついてある物件に引っ越したのに、

水漏れに悩まされているという方は必見!

水漏れについてまとめたので、

是非読んでみてくださいね!

元々エアコン付きの物件なら貸主が修理代を負担?

スポンサードリンク

エアコン付きの物件で

水漏れしたら大変ですよね。

自分で購入したものならすぐ修理しますが、

備え付け物件だと、

修理代は不動産屋なのか、

それとも自分なのか、

考えてしまうと思います。

基本的に故意に壊したりしていない限り、

備え付けのものであれば貸主が負担

となります。

なので、何かあったら

貸主や不動産屋に連絡してください。

もともと室内にあった設備が

入居中に壊れた場合、

どちらが費用を負担するかについて

契約書に明示されています。

通常、借りている間の修繕費用については、

借り手に「故意過失がなければ」

貸し手が負担することになっています。

例えば、給排水管から漏水し、

下の階が水びだしになった場合でも、

給水管の劣化が原因ならば

貸し手の負担になります。

詳しい内容については、

国土交通省が、

平成24年2月に改訂版を発表した、

賃貸住宅標準契約書」に

記載されているので

確認をしておきましょう。

なお、負担に関する項目は、

契約書ごとに

追加、削除することができるんです。

なので、以前から住んでいる人は

ここまでしか負担をしないのに、

今回契約する人は

修繕費用を負担する項目が多い

ということもあるそうです。

まずは、大きな修繕が必要になったときは

すぐに貸し手や不動産屋に

連絡をするようにしましょう。

たとえ、過失がない場合でも

放っておいて二次被害が起こった場合、

費用負担が

自分になってしまう場合もあるので

連絡をしっかりいれましょう。

契約書類をよく読んでトラブル回避!室外機が原因の可能性も!自分で掃除すれば直せるもの?

先ほどもお伝えしたとおり、

国土交通省が

平成24年2月に改訂版を発表した

「賃貸住宅標準契約書」ですが、

小規模修繕だけを

借り手が行うことになっています。

また、一般的には日常生活を送る中で

自然につく傷や汚れ、経年劣化は

借り手の負担ではありません。

契約書ごとに内容は違うとはいえ、

仮に設置されているエアコンの修繕費用まで

借り手に負担させるような物件は、

入居後に快適な生活が送れるか

疑問符がつきます。

入居後に設備が壊れたのに、

なかなか直してくれないため、

引っ越しすることになった

というトラブルも起きています。

なので、しっかり契約書の内容を

確認しておきましょう。

また、エアコンの水漏れの場合は

エアフィルター

確認をしてみるといいでしょう。

エアフィルターが汚れていると、

空気の循環がうまくできず

吹き出し口が結露しやすくなり、

水滴となって落ちる場合もあります。

また、室内から屋外へ水を排出するホースが

折れ曲がっていたりすると、

水が排出できなくなり

室内機へ溢れ出てしまうこともあります。

なので、まずは綺麗な状態になっているか

確認をしましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか。

せっかくの新住居なので、

できるだけトラブルにならないよう

しっかり確認を忘れずに行いましょう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする