後を絶たない交通事故!示談金の事例は?増額されるケースは?

スポンサードリンク

なにげない毎日を送っている中、

全国では毎日のように

交通事故が起きています。

通勤や買い物などに車を使っている方は、

いつ巻き込まれてもおかしくありません。

事故の状況や障害の程度、

事故による経済的な損失など、

それぞれの要素によって

損害賠償額は大きく変わってきます。

保険会社ではこれらの要素を考慮して

金額を決めますが、

損害の実情よりも、

低い額で算出されてしまうケース

大変多いようです。

保険会社や過失割合で違ってくる示談金。ケース別で見る事例

スポンサードリンク

代表的な要素は以下にあげる4つになります。

過失相殺

損害賠償額を決めるにあたって、

加害者だけでなく、

被害者の過失の程度、”過失割合“をふまえ、

賠償額を引き下げることです。

過去の判例などを参考にした、

一定の基準がつくられています。

まず、事故の当事者”歩行者と車”などと、

発生場所で過失の基本割合を決定。

さらに、事故が起きた時間、

それぞれの過失の程度などから

修正を加えていき、

最終的な過失割合が算定されます。

過失割合を引き下げて、

損害賠償金を440万円から540万円

増額できたケースで

詳しくは以下URLをご参照ください。

事例①

10%だった過失割合が専門家の交渉により5%になった。 交通事故の被害者になった場合、加害者から慰謝料や損害賠償を受け取ることが出来るのですが、そこで重要になるのが過失割合と言われるものです。この過失割合というのは事故の

「10%だった過失割合が専門家の交渉により5%になった。」

休業損害

交通事故によってケガをした被害者は、

仕事を休んだために得られなかった賃金や、

その減収分を請求することができます。

休業損害を請求するためには、

勤務先の源泉徴収票など、

収入を証明する書類を、

保険会社に提出しなければいけません。

この損害額を計算する方法には、

自賠責保険基準任意保険基準弁護士基準

と、3つの基準が使われます。

休業損害の算出で、

賠償金を127万円から205万円

増額できたケースで、

詳しくは以下URLをご参照ください。

事例②

弁護士の介入により休業損害が認められ、示談金が大幅に増額した。 交通事故によって怪我をして仕事をすることが出来なくなった場合、事故に遭わなければ行うことが出来た仕事に対する報酬の分だけ「休業損害」という形で損害賠償を受け

「弁護士の介入により休業損害が認められ、

示談金が大幅に増額した。」

後遺障害の等級認定

後遺障害(後遺症)が残った場合、

損害賠償額に大きな影響があり、

医師から診断を受けたら、

ケガによる損害とは別に

請求することができます。

医師に書いてもらった診断書

保険会社に提出すると、

第三者の専門機関でこれを審査し、

後遺障害の等級が認定されます。

等級によって金額が細かく定められていて、

どの等級に認定されるかで

金額は大きく異なってきます。

詳しい等級と金額については、

下記リンク先で確認できます。

後遺障害の認定で、

損害賠償金を120万円から195万円

増額できたケースで、

詳しくは以下URLをご参照ください。

事例③

交通事故により左親指に後遺症が残ったCさんの場合 今回の例となる交通事故の被害者であるCさんは、事故によって左親指を骨折しその結果後遺症が残る形になりました。Cさんはコインパーキングに車を止めて道路を挟んだ反対側にあるシ

「専門家の交渉により後遺障害14級9号の認定を獲得した。」

後遺障害による逸失利益

休業損害の後遺障害版というと、

分かりやすいと思います。

“後遺障害”がなければ得られるはずたっだ、

見込み収入のことです。

労働能力が低下していると認められれば、

働けなくなったことによる減収分を、

逸失利益として請求することができます。

等級や事故前年収などを参考に、

計算式が基準化されています。

逸失利益の異議申立で、

賠償金を177万円から236万円

増額できたケースで、

詳しくは以下URLをご参照ください。

事例④

異議申立にて逸失利益が認定され、さらに高い賠償金を請求できた。 交通事故というのは、被害を受けた方の怪我が完治をせずに生涯にわたって症状が残るようなこともあります。そういった場合、後遺障害の認定を受けて加害者から生涯にわ

「異議申立にて逸失利益が認定され、

さらに高い賠償金を請求できた。」

弁護士の介入で示談金が増額されるケースも多い!知っておきたいポイント

上記ケースのように、

保険会社から適正な損害賠償金を

支払ってもらうためには、

以下、3つのポイントが重要です。

①被害者の過失割合をできるだけ少なくする

たとえば、加害者の過失が70%、

被害者の過失が30%である場合、

過失割合は7:3となります。

たとえば、被害者に生じた損害の額が

1000万円の場合、

加害者は700万円の負担を負う計算

となります。

この被害者の過失を、

30%>20%>10%と少なくしていけば、

より支払われる金額も増えていきますよね。

②一番高い基準で計算して請求する

保険会社は、この中で最も低い基準である、

自賠責基準により計算を行い、

交渉してきます。

そのため

最も高い基準である弁護士基準で、

保険会社に請求をする

ことが、慰謝料を最大化するための

重要なポイントになります。

③後遺障害の等級獲得をする

後遺障害がある場合、

保険会社の代理人から、

「治療の打ち切りを」といわれます。

そんな時、

医師に”後遺障害診断書

を書いてもらうんです。

示談関連記事

交通事故の時、 よく出てくる症状のひとつが 「むち打ち」です。 車にぶつかった衝撃で、 首に負担がかかり ...
思いがけず交通事故に遭って、 「軽いケガで良かった~。」と、 ホッとしていませんか? しばらくすると、 だん...
不幸にして交通事故に 遭遇してしまった場合、 車の損害から、怪我、後遺症など、 補償の費用にまつわる、交渉がされます。 ...

まとめ

各要素のケースで

詳しく紹介されているように、

保険会社から提示された損害賠償額が低いと、

納得できないことありますよね。

そんな時は、泣き寝入りするよりも、

弁護士などの専門家の力を借りることで、

増額できる可能性がありますので、

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする