エンジンがかからない!車のバッテリーが上がったら?対処法は

スポンサードリンク

今までにバッテリー上がり

起こしてしまった方も

いるのではないでしょうか。

車のトラブルのひとつとして多いのが、

このバッテリー上がりです。

発電量に対して使用する電気負荷が

上回る状況が続くと、

バッテリーは上がりやすくなります。

つまり、発電量が少ない状態で

電気を使い過ぎると

バッテリー上がりは起こってしまうのです。

バッテリーは

車の中の電気製品を動かすだけではなく、

エンジンを起こすときにも使用されるので、

バッテリーが上がってしまうと

車が身動き取れなくなってしまうのです。

ちなみに、車の救急案件を取り扱う

専門業社のJAFには、

なんと年間80万件もの

バッテリー上がりによる

救急要請が届いているそうです。

バッテリー上がりや

バッテリー劣化の原因は

以下のことが考えられます。

①1日に何度も

セルフモーターを使用している。

②エアコンやオーディオなどの

消費電力の大きな電装品を装着している。

③常に渋滞中の道を走行している。

④1度に走行する距離が少ない場合や

車の使用率が低い場合。

容量の小さいバッテリー

を取り付けている。

⑥過放電や充電を長い間しないでおくと

極版に硫酸塩の結晶が付着し

通電不能となる。

⑦夏場や冬場等、

極端な温度状況下での連続使用

以上の7つがあげられますが、

大きくは電装品による電力の過剰消費

自然放電に原因があると考えられています。

そんなバッテリー上がりについて

今回まとめさせていただいたので、

是非読んでいただければと思います。

そして、知識として

頭の中に入れておきましょう。

近くの人にお願いしその車からケーブルを繋がせてもらおう!バッテリー充電で回復することも

スポンサードリンク

もしバッテリーが上がってしまった場合

どうしたらいいのか。

特に普段車を運転しない人は

いざなってしまった場合に、

パニックになってしまうかと思います。

では、どうしたらいいのかを

みていきましょう。

ひとつとしてケーブルを使用して

ジャンピングスタート

という手段があります。

ブースターケーブルという

いかつい太いケーブルが必要になります。

そして、もう1台車が必要になります。

いざ、バッテリーが上がってしまったら

近くの人などに頼むしかありません。

メリットとして、

ケーブルともう1台車があれば

簡単にできるということ。

デメリットは、誤った繋ぎ方や、

ケーブル自体の破損で

火災や火傷・爆発の可能性

あるということです。

では、実際にやり方をみていきましょう。

①ブースターケーブルの赤を

バッテリー上がり側の

バッテリープラス端子に取り付ける。

②次にその赤いブースターケーブルの

反対側を救援車側のバッテリーの

プラス端子に取り付ける。

③黒いブースターケーブルを

救援車のバッテリーの

マイナス端子に取り付ける。

④その黒いブースターケーブルの反対側を

バッテリー上がり側の

エンジンの金属部分に取り付ける。

⑤ブースターケーブルの接続が完了したら、

救援車のエンジンを始動させる。

⑥しばらくそのままにし

バッテリーを充電する。

⑦そのあとにバッテリー上がりの車の

エンジンをかける。

⑧バッテリー上がりの車の

エンジンがかかったら、

救援車のエンジンを止め

ブースターケーブルを繋いだ手順の

逆の順番で取り外す

このときに注意しなければならないのが、

グリップを車のボディに

触れさせないことです。

触れてしまうと

その瞬間にショートしてしまいます。

もし近くに車があったら、

お願いしてみましょう。

それでも回復しなければディーラーか整備工場へ!自己判断は危険

もし、

上の手段で行っても回復しない場合は、

ディーラーか整備工場へ連絡するのが

1番でしょう。

自己判断で色々とやってしまうと

あとが大変になる場合があります。

なので、上のやり方でもできなかったり、

上のやり方がわからない場合は

むやみにいじらず、

すぐにディーラーや整備工場へ

連絡するようにしましょう。

かえってその方が

スムーズに進むこともあります。

車は大きいものですので、

自己判断しないように気をつけてください。

まとめ

どうでしたでしょうか。

私自身あまり車に乗らないので、

バッテリー上がりの体験は

したことがありませんが、

よく駐車場でハザードランプが

ついたままになっていて

放送がかかっていたりします。

このバッテリー上がりが

起きてしまうからなんだと理解できました。

もし、万が一

バッテリーが上がってしまった場合、

パニックにならず

冷静に対応できるようにしたいですね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする