多発する幼児の車内放置事故!親は何をしているの?

スポンサードリンク

最近は、夏日のような陽気が続き

30度超えの日も増えてきましたね。

外に出ていても暑いのに、

車なんてもっと暑いです。

これからの時期に気をつけたいのは、

車での事故です。

特に、幼児車内放置事故

なかなか減っていないのが現状です。

日本自動車連盟(JAF)によると、

2015年8月の1ヶ月間で、

JAFが出動したキー閉じこみ救援のうち、

236件が子供の車内放置であったと

報告されています。

さらに、気温が35度の炎天下に

駐車した車内の熱中症指数は、

わずかたったの15分

人体にとって危険なレベル」になると

されているのです。

子供の車内放置は虐待行為にもなります。

日本では

「児童虐待の防止等に関する法律」

において、

「保護者がその監護する児童に対し、

次に掲げる行為をすること」

と定義され、

その行為として

「児童の長時間の放置することや、

保護者としての監護を著しく怠ること」

があげられています。

児童を車内のみならず、

自宅などに放置することも、

この法律に抵触する

「児童虐待」にほかならないのです。

特に乳幼児は体温調節機能が未発達で、

高温下では短時間で体温が上昇し、

危険な状態になってしまうこともあります。

さらに

チャイルドシートに乗せている場合は、

身動きがほとんどとれません。

考えなくても、

車内放置することが

どれだけ危険な行為なのか

わかるはずですが、

大丈夫だろうという少しの油断から

こういう事件を起こしてしまいます。

命はものではありません。

忘れてしまったなんて

言い訳にもなりません。

かけがえのない命を守るのは、

親や大人なんです。

いま一度、ひとりひとりの意識を高めて

こういう事故を増やさないように

していきたいですね。

しっかりと読んでいただき、

意識を変えていけるように

していきましょう。

よく報道されるパチンコ店での車内放置事故!母親に自覚はないのか?

スポンサードリンク

車内放置の中で多い場所が

パチンコ店などですよね。

ニュースでも

パチンコ店での車内放置事故に関するものが

多い気がします。

例にあげると、

沖縄県のパチンコ店駐車場で

母親がパチンコ中に車内に残された乳児が

熱中症で亡くなる事件が起こりました。

パチンコ店の駐車場に止めた

軽自動車の後部座席に、

午前10時から約6時間半にわたり

長男を放置していたそうです。

母親は「パチンコをしていた。」

と供述をし、逮捕されました。

当時の最高気温は、29.8度。

車内の気温が

どれだけ高くなっているかなんて、

考えなくてもわかりますよね。

その上、エンジンは切られており

チャイルドシートに

座らされていた状態で発見されたそうです。

想像しただけでも胸が締め付けられます。

「すぐに戻る」「寝ているから」の理由で

子供を車内に放置し車を離れる人は

3割近くにのぼるそうです。

幼い我が子の命を守れるのは

1番近くにいる親なんです。

たとえ、ストレス発散に

パチンコにハマってしまったとしても、

まず第1に考えなければいけないのは

子供です。

どんな理由でも、

車内に放置して離れることは

してはいけないのです。

こういうことをする親が

どうか減ってほしいです。

たったひとつの命を

責任もって守らなければいけないのが、

親の仕事です。

当たり前のことだとは思いますが、

いま一度親としての自覚を

しっかりともっていきたいですね。

子供を車内に残して車を離れた人は28.2%も!事故を防ぐ方法はないの?

子供の車内放置には大きく分けて

2つのパターンがあります。

1つめは、何らかの理由で意図的

子供を残して放置するパターン、

2つめは、子供が乗っていることを

忘れてしまい意図せずにして

放置してしまうパターンです。

1つめの方で共通する理由として、

短時間なら子供を車内に残しても

大丈夫だと考えている人が多いのです。

まず、個々の意識力を

高めることが大事ですが、

発見者が通報する・救出するというのも

大切になってきます。

なので、もし発見した場合に保護者警察

すぐ連絡をすることが大事です。

2つめの方では、

やはり忘れてしまったという人が多いです。

特に仕事が忙しい父親は、

仕事のことを考えてしまうと

もしかしたら、

子供を乗せていることが

頭から離れてしまうかもしれません。

そういった場合には、

忘れないように

いつも以上に注意をするとか、

母親や保育園などと連携をするなど

徹底していきましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか。

車内放置なんてしないと

他人事で済まさず、

自分ごととしてとらえ、

注意力が欠けないように

気をつけていきましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする